November 03, 2010

流浪のDIOS-191ZE

 というわけで、やっとREGZA 32R1が届きました。エコポイントの申請をせねば。

 思ったより小さかったな。40インチでもよかったかな。でも、テレビ自身に録画機能ついているほうがいいよね。でも実質価格は40A1と変わらないんだよね。11月の下旬に40A1の実質価格が3万円くらいになったらどうしよう。

 とかいろいろ悩みながら、まぁ、32R1を設置したわけです。これ以上横幅が大きくなって、窓を大きくふさぐのは嫌なので、40A1にはいかないと思いますが。

 押しやられたのはDIOS-191ZEです。18.5インチ。IO DATAの地デジしか写らないテレビ。

 もっとも、そもそも買ったときにあんまり用途を考えておらず、実質価格1万円切りで地デジチューー付ってことで買ったわけなので、もとの状況に戻ったわけですが、さぁどうしよう。
 当初のコンセプトしてはサーバのモニタな訳です。通常全部RDPで管理しますが、まったくもモニタなしも困るし(一応15インチのXGAのアナログモニタはあるけど)、っていう位置づけなので、とりあえずサーバ周りのどこかにスペースを見つけて置いておけば良い訳ですが。

 このモニタっていうかテレビ、軽いんです。そして、画面の裏側には持ち運びしやすいようにくぼみがついていて、取っ手になってる。さくっと持ち運び可能。

 ってことで、コタツの部屋に持ってきて、日本シリーズを見ています。幸い今日は地上波で日本シリーズをやる日。どうせライオンズは出てないし、この画面サイズでも全然OK。ってことで微妙に役立っています。っつうか、やっぱりコタツでテレビが見られる環境はいい。

 でも、地上波は普段見ないし、BSもREGZAやRD、それにDTCP-IPサーバやDLNAサーバにもこのテレビでは繋がりません。そう考えると、コタツでこのテレビを活用する機会はおそらく、この冬にあと数回あるかないか。
 そう考えると、やっぱり微妙だなぁ。せめてDLNAクライアント機能がつかないかなぁ。と、1万円を切ってるモニタ兼テレビに理不尽な注文をつけてみたくなります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2010

REGZA 32R1 は買ったものの

 もう1週間以上前になるんですが、結局、REGZA 32R1を買いました。
 シアタールームは、バールームーにもなる予定で、夢が広がりんぐ状態ではあるのですが、まぁ、それはさておき、単体録画環境と、DTCP-IP対応サーバに録画内容を移せる機能は必須だろうということで、その機能がある中では一番安い32R1で決着。池袋で、6万円23%5年保証送料無料。まぁ、エコポイント騒動がなかったらこの条件では買わないですな。現金支払額が高すぎ。
 しかし、無理やり脳内価格を設定すればエコポ考慮で3万5千円弱な訳で、損したわけではなく激安で買えなかったな、と思えば納得いく範囲です。

 さて、そうすると我が家の録画環境は1Fに55ZH8000とRD-X8、2Fに32R1とRD-X6となります。このうちDTCP-IP対応でサーバになれるのはRD-X8オンリー。しかもこいつは外には出せない(DVDにするのみ)。録画データを外に出せるのは1F2Fの両REGZA。
 ってことでかなりバランスが悪いので、IO-DATAのアウトレットでHVL-AV1.0をとりあえず購入。外にも出せる受け入れ先を一個確保しました。これで、とりあえずREGZAで撮ったコンテンツを逃がす場所が確保できました。

 これで今後RD-X9以降の世代のレコーダーを導入すればHVL-AV1.0とRDの間のコンテンツのやりとりもできるし、録画はとりあえず全部RDでしておけばいいし、それなりに問題解決かなと思っていたのですが。

 早速55ZH8000からHVL-AV1.0に逃がしたコンテンツを55ZH8000から再生するとトラブルが。BS2とか地デジ録画のものは良いけどBSデジタルで録画したもがまともに再生されない。

 ははぁぁん、ビットレートね。

 そう、1FのAV機器は5GHz帯の802.11nで有線LAN環境と繋がっています。そして今回、HVL-AV1.0を普通なら有線環境に繋ぐところをなんとなく、2FのAV機器関係と一緒の場所に設置したのでした。ここも部屋をまたぐので5GHzの802.11nで繋がっています。
 実測では以前40M程度は楽勝ででていた802.11n環境ですが、1Fの5GHz802.11n環境から2Fの5GHz802.11n環境にぶら下がっているサーバを参照している訳で、おそらくはアクセスポイントが悲鳴を上げているのでしょう。

 実際、同じコンテンツを有線環境に繋がっているThinkPadからdixim digital TVを通じて参照すれば、問題なく再生されます。

 ってことで、普通に考えればHVL-AV1.0を有線環境にもっていけば問題は解決。

 しかし。

 ってことは、2Fから1FのRD-X8のBSデジタルを録画したコンテンツは参照できないことになります。来年の7月以降、2FのRD-X6が引退してRD-X8を2Fに持っていけば、1FのREGZAからやっぱり2Fのレコーダーのビットレートの高いコンテンツが参照できないっていう状況は発生するわけで。

 PLCを導入するとかも一瞬考えましたが、ここは2Fは2.4GHzの802.11nで、1Fは5GHzの802.11nで分けるべきかなぁ、と。というのも、我が家、iPhoneの無線LANの相性の問題で、5GHzと2.4Ghzでアクセスポイントを分けています。そしてちょうど2.4GHzも遅ればせながらgからnに移行したところ。

 2.4GHzの802.11nがそれなりのスピードが出るのならばこれで解決をするはず。でもなんでこんなことを悩まなくちゃいけないのかなぁ、SD画質でも、それなりに満足できるんだけどなぁ、と相変わらず世間のHD化とコピー制御の風潮を、恨めしく思う今日この頃。著作権を守ることと、著作物を利用することとのバランスをどうして適切に考えられないんでしょうね、この国は。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2010

32A1か、32R1か、32A950Sか、はたまた

 というわけでregzaの話題です。

 我が家の2F、書斎の隣の部屋は今のところ用途が明確ではありません。なので、ジャンクで買ってきたプロジェクターと、簡易スクリーン、高校時代のオーディオセットを置いて、簡易シアタールームにしています。

 そこにRD-X6なんかも置いてあって、日本の話芸なんかが延々録画されていますが、まず見ない。アナログで録っているのでDLNAで見ればいいんですが、電源を入れに行くのが面倒だし、WOLはうまく動かないことも多いので、まぁ、現地で見るのが一番。とはいえ、いちいちスクリーンを下げてプロジェクターの電源を入れてまで見るかと言えば見ないわけで。

 そんな状態だったのが、ひょんなことからNTT-Xとかで売ってる19.5インチの1万円を切る地デジが映る液晶を置いてみました。もっとも、これは純粋なPCモニタを一台くらい予備で持っておかないとサーバ管理とかで不便だし、冬には1Fのコタツの部屋に持っていけばテレビにもなるし、という言い訳を考えて意味もなく買ったもので、簡易シアタールーム用ではなかったのですが。

 でも、置いてみると、便利。

 書斎でお仕事モードで2Fにお昼ご飯を運んでもらった時に、BGVで日本の話芸を見たりするのにはちょうどいい感じ。これいいじゃん。

 そうなると、問題は大きさです。流石に6畳の狭い部屋とはいえ、スクリーンを下げれば100インチ、上げれば19.5インチというのはちょっとバランス悪すぎ。じゃぁ、あ40インチクラスかと言えば、置き場所が出窓になっているところなので、そうすると窓をふさぎすぎる。一番いいのは、32インチクラス。

 ちょうど以前から、池袋のヤマダで、regzaの32インチが4万円強で売られているのは知っていました。エコポ12000円を考えれば3万円弱です。期待して見に行くと売られていたのは32A950S。
 32A950SはスタンドのデザインとかHDMIの数とか、そこそこ好きなのですが、パネルがVA。どうせ月に数回しか見ないテレビなんでいいといえばいいんですが、やっぱりVAにちょっと抵抗がある。何せ、リビングの55インチを買う時にLEDバックライトのZXではなく、あえてIPSのためにZHにした経緯もあるくらいなので、ここはちょっとこだわりたい。
 たぶん950Lがあればいいんですが、そんなものはないし、そうすると32A1が選択肢。ポイント込なら4万円強ですが、HDMIが2個(しかも1個は横)、スタンドの形があまり好きじゃない等、イマイチ納得がしきれません。

 そう考えていると、録画機能とDLNAクライアント機能はどうしよう、ということに思い至りました。もちろん、リビングのZH8000で録画して、DTCP-IP対応のHDDを買って、DTCP-IP対応のメディアプレイヤー経由で見ればいいかなぁ、と思ったりもしていたのですが、2Fは2Fで録画できるようにしておければそれはそれで便利で、メディアプレイヤーも不要で、とも思いましたが、プロジェクター経由で映すときはやっぱりDTCP-IP対応のメディアプレイヤーは必要で、だったらregzaに内蔵されている必要はなく、差額でIOあたりの安物メディアプレイヤーを買えばいい訳で。
 でも今のところ録画機器は、ZH8000とRD-X8とRD-X6なので、DTCP-IPで外に向けて書き出せるのはZH8000だけで、そう考えるとR1あたりでとりあえず録画のバックアップ環境を作っておくのは悪くない選択肢な気もするし。

 そうこうするうちにバッファローから新しい地デジチューナー搭載のメディアプレイヤーが発表されたり、12月からのエコポ半減が発表されたり、わけがわからなくなってきました。

 もういいや、値引き率の高いやつを買おうと思い、比較的これまで価格的に頑張ってくれた蘇我のヤマダとケーズい行くと、エコポ半減効果か、悪い人に当たったのか(ヤマダはフロア長って書いてあったけど)、もうけんもほろろ。値引きしなくても売れる客はいっぱいいるから、お前なんか相手にしてられないよって雰囲気がアリアリ。他店の値段を言っても、どうぞそちらでお買いください、って木で鼻をくくる対応。

 で、結論としてめんどくさくなってきました。どうでもいいやぁ、って感じ。見るテレビは限られてて、大型テレビもすでにある。サブのテレビで環境を整えたってどうせ、月に1,2回しか使わない。11月末までまだ1か月半あるし、ネットで出物を見つけるか、それともフラフラっと入った店で気持ちいい接客をしてもらえればその場の流れで、A1だろうとR1だろうとA950Sだろうと、きめちゃえばいいかな、と。そういう機会がなければ、それまでだしね。

 ってことで無駄に数日悩んでしまった。。。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 04, 2010

ついていななぁ、と思うとき人はどうする

 ついてないなぁ、と思うとき、人はどうするべきなんでしょうね。

 この1ヶ月くらい、そういう状況が続いていてストレスがたまりまくっています。

 まぁ、余計なことをした、とか、直感的に判断した、とか、判断が遅れたとか、いろいろ理由はあるのですがどれも悪い目に出ている今日この頃。

 何でもそうで、悲しくなってきています。

 どっちかというと、判断は当たることが多い(ばくちは当たらない)のですが、その感覚がどうも鈍っているというか、裏目に出ているというか。

 ちなみに、昨日はAS3810を買い損ねました。理由は単純で、ドライブ付で茶色の上位機種(Acerは型番複雑なので覚えていない)が気になったから。結局、あぁ、失敗だったと悩んでいます。
 今日は、予約をわざわざキャンセルして、おかげで下手すると高い値段で再予約しなければなりません。

 その前も、と言い出せばきりがなくなる。。。

 何でもローコスト、必要なものは最低限のコストで、望むべく最良のクオリティを調達できていたはずがこの体たらく。誰かのせいにして八つ当たりしたい気分です。(大人気ない。。。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2009

(アイオワでなく)シカゴ カブスの田口を見に行きたい

 というわけで、AS1410で書いています。ウホッ、いいネットブックw。

 全然、普段の論調と違いますが、カブスの田口がシカゴに呼ばれました。今年はもうマイナー生活で終了だったはずが、突然の昇格です。

 田口という選手に、日本時代には思い入れはありません。というか、ライオンズファンの私としては敵チームの選手ですし、そんなに目立っていた選手でもありませんでしたし、メジャーに行くといっても、「実力もないのに名にやってんの」的な評価をしていた選手でした。

 その田口に興味を持ち出したのは、彼の日記が2chで話題になりだしてから。決して大きな反響ではないですが、日記職人として彼の評価は芸スポや野球総合板で、一定の地位を得ています。
 そんな彼の日記を、少なくとも私は2002年から読み続けています。彼がメンフィスやニューヘブンで、厳しい環境の中で、野球を続けてきたストーリーを共有してきています。そして、彼がカージナルスをワールドシリーズ優勝に導くポストシーズンでの活躍も目にしてきています。そして、私は、単純に彼のファンになりました。特定の野球選手のファンになるのは小学校の頃から大好きだった佐野仙好以来でしょうか。

 今年の田口、相変わらず日記は面白いものの、副業(本業?)の野球は残念ながらさんざんでした。公式の成績を見ても、上からお呼びがかかるとは思えず、故障もし、何より、マイナー契約で、田口ファンとしてはもどかしい日々でした。

 それでも、シーズン後半での昇格を信じていました。つい8月くらいまで。しかし、田口の日記によれば、もう昇格はないとのこと。このままアイオワでシーズンを終える、でもなぜか愉快な奥様恵美子さんのバンでセントルイスに帰っていく、という文章を読んで、あぁ、もう今年はだめなんだなぁ、とあきらめておりました。このまま引退してしまうのか、でも、来年度に向けて何か奇跡というか、とてもラッキーな出来事があって、来シーズンもMLBで活躍できる田口が見れるかもしれない、ということに一縷の望みを残して、興味はもう来年に移ってしまっていたのがこの9月。

 なのに、なのに、予想もしない、記事を読んでも信じられない昇格。

 もう興奮しましたよ。9月の下旬にカブスとジャイアンツの試合があるのはチェック済み。マイナーの試合は遠すぎて見にいけないけど、ジャイアンツ戦のときにもし昇格していれば、田口を見に行けるはず。すくなくとも、メジャーのグラウンドにいる田口に「たぐちぃぃぃぃぃぃ」と声をかけられるはず、と期待していた私に、やっとそのチャンスがやってきたのですから。

 ありがたいことに、私がAT&Tスタジアムに行ける日に、外野、センター寄りにリーズナブルな価格のチケットがありました。この際、家族のコンセンサスは置いておきましょう。イチローの2000本安打を見る(つうか見に行ってたのですが、オークランドに)のとはまた違った、全然別個の感動が味わえるはずです。ちょっと今夜は、興奮しています。カリフォルニアワインが、一人で一本空いてしまいそうですww。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 09, 2009

スレ違いを承知で北斗星の食堂車

 って、そもそもスレッドじゃないしwww

 ブログのコンセプトと違うのを承知で北斗星の話。

 つうか、北斗星に乗っています。当然ながらロイヤル。開放B寝台しかも上段の筈を、粘ってやっとゲットしたロイヤル。

 古いとはいえロイヤル、オロネ25とは違うんだよロイヤル、比較するならナロネ20を持ってきなさいロイヤル、の話はさておいて、食堂車のお話。

 人生において食堂車とは必ずしも近しい存在ではありませんでした。

 私にとっての食堂車とは、0系の食堂車、カレー。やっぱりこれが原体験です。富士山窓が空いていたかどうかはわかりませんが、ちょっとモダンな雰囲気の中でカレーを食べさせられたのを覚えています。
 大人になってからは100系の食堂車。自由席が空いていなくても、食堂車にずっといればいいと、100系なら混雑を考えずに乗って食事からコーヒー、ケーキまでフルコースを満喫していたあの頃。おそらく、一番たくさん乗ったのが100系の食堂車です。最後まで、鉄道ジャーナルの100系初登場時の列車追跡を読んで「これに乗りたい」という気持ちを大事にしながら。

 しかしながら、在来線の食堂車には実はとんと縁がありません。

 そもそも、私が住んでいた神戸には食堂車のついている昼行特急は走っていませんでした。はまかぜは食堂車がなく、まつかぜは播但線を通らない。食堂車がついていて、三ノ宮駅にとまる特急ははやぶさだけです。忘れもしない0時36分。
 というわけで、大阪駅で雷鳥を数限りなく眺め(たくさん走ってましたからねぇ)、サシ481やサシ581とはおなじみでも、在来線食堂車とは縁がない生活をしておりました。

 最初に縁があったのは。。。。よく覚えていません。確かはやぶさか富士。中学生になって、初めて乗った寝台特急だったように思います。
 すでに記憶には希薄ですが、中学2年だか3年だったか、九州ワイド周遊券で九州をくまなく回り、毎日日南かかいもんで寝ていて、食べるものは駅そばかキオスクのパンという生活を経て、帰りに乗った寝台特急(たしか富士)の食堂車で食べたご飯の味(焼肉定食だったような、一番安かった)は、未だに忘れられません。というか、それまで「米」という食べ物に執着のなかった自分が、「米」の旨さというものに開眼したのが、この富士の食堂車での体験でした。

 ということで、私の在来線食堂車体験はオシ24かオシ14だったわけで、基本的に夜行だったわけですが、唯一の例外がキシ80。確かおおとりだったと思います。内浦湾を眺めながら、ソーセージか何かをいただきました。82系が全廃になる直前。函館山線にはまだ旧客が残っていて、内地からスハフ42の2435(だったように思う)、白熱灯のニス塗りの車両が貸し出されていた頃。親に適当なことを言って、単身青函連絡船で北海道に渡ったときのことです。

 以来、食堂車とは縁がありませんでした。全廃直前に広島から富士に乗ったのを最後に、在来線食堂車とは縁がなく、それこそ北斗星しか選択肢がなかったわけです。その北斗星の食堂車に、スシ24に久々に乗って、いろいろなことを思い出しました。
 オシ24やオシ14の無愛想な内装と味気ない雰囲気、キシ80のなんともまったりとした雰囲気(山陽路をいく151系はきっとこうだったんだろう)、そして100系の食堂車の華やかな賑わい。

 幸い、北斗星のスシ24は7年前と変わらず活気があり、気持ちよく酔うことができました。明日も、気持ちよく朝食を取ることができるでしょう。

 でもやっぱり、いろんな素敵なこと、しみじみと「いいな」と思えることを失って生きているんだなぁ、ということは感じずにはいられません。16時間かけて札幌に向かう道中、わざわざ八重洲ブックセンターで買った「時刻表20,000km」を読み返しながら、何かもどかしく、何かさびしさを感じずにはいられない。
 おそらく、同じようなことを感じている人はきっとたくさんいるんだろうなぁ、と思いつつ、そういう人達と話したいよなぁ、と思いつつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2009

アキバのドトールと、HTC Shiftの関係

 普段、アキバに行くときは時間に追われていることが多いので、お茶することは滅多にありません。友人と行くときか、たまたまなぜか、半日単位で滞在するときくらいでしょうか。
 そのたまたまが先日ありました。尤もノンビリするつもりはなく、足が疲れたのと喉の渇きを癒すことだけが目的なのでドトールに。そう、東映の向かい。

 ドトールって、どこの店に行っても客層が一緒です。なぜか必ずいる若いカップル。ノートパソコン持ち込んで一心不乱のサラリーマン(たいていThinkPadかレッツノート)。そして、オジサマ、あるいはオバサマ同士が昼間からおしゃべりに興じている。

 アキバでドトールに行っても、やっぱりいつもと客層は同じだなぁ、と思いながら席に着きました。そして、iPhoneとX02HTを取り出して、アキバの道すがら気になった商品の情報を収集します。(iPhoneだけでもいいんだけど、バッテリが厳しいので、テキスト情報はX02HTで見る)

 普通に考えると、世間一般に広く受け入れられているわけでもないiPhoneと、QWERTYキーボードを搭載するオレンジ色のスマートフォンを同時に使っている自分は、どう考えても怪しい人物です。それはアキバのドトールであっても同じなのかな、と一瞬思いました。しかし。。。。。

 ThinkPadを一心不乱に見つめる若者。よく見ると、そのThinkPadはTabletでしたwww。向かい合い、語らいあう男女、その手に握られているのはお揃いの(多分)BlackBerry。そして、ガヤガヤと談笑するオヤジ(というか少なくとも団塊世代より上)達の手にはiPhoneとイーモンスターがありました。


 流石、アキバ


 これが世界に名だたるアキバという世界なんだな。こういう空間に入り込んだとき、なんて自分は普通の人、というか、激しく溶け込んでいる人、もひとつ言えば、その空間では比較的一般人に近い特性を持った人なんだな、と痛感しました。

 痛感してしまった私は、今、工人舎SC3より、HTC Shiftを買うべきなんじゃないかと、気持ちが傾きつつあります。そのほうが、よりアキバのドトールには似合う気がするからです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2008

HD DVD買ってきた

 うわ、かなりほったらかしてしまった。。。
 で、今日ヤマダでHD DVDのソフトを何本か買ってきてしまった。別にめぼしいものはない。トムクルーズが出ているありがちなものを数本。というか、全部DVDでも持ってるし。しかも持ってるDVD版も見てないし。
 無論安かったから(1本900円以下)なのですが、買ったはいいが、箱すら開けていないXBOX360用のHD DVDのテスト用というのが主たる目的。
 結構、何を今更なわけですが、投売りになって買ったもののソフトが無くてチェックすらできなかったXBOX360用のHD DVDドライブの購入を正当化するには、やはりこうするしかないわけで。
 しかし、本当に繋いで見てみるんだろうか。。。。。微妙に、というかかなり、無駄なお買い物をしている気がしないでもない。話題的には完全に旬を外しているしなぁ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2004

あんまり書いていませんが

 こちらのblogサイトはほとんど開店休業状態ですが、別のblogサイトでチョコチョコ
書いていたりします。
 内容で書き分けていくのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 31, 2004

blogだらけのネットは役に立つ?

 blogで書くことでもないのですが、最近Googleやらでいろいろ検索していると困ったことが増えています。
 例えば、特定のPDAのレビューやらユーザーサイトを覗こうと、Googleやらで検索していると、まずヒットするのがメディア系のサイト。そんでもって次にくるのが、いろんな人が書いたblogなんですよね。
 どうもblogは検索エンジンと仲がよいようでガンガンヒットしてくるのですが、必ずしもblogに書かれた内容が洗練されていたり、深まっていたり、というわけでもない点が大いに問題です。
 自分の書いているblogも同じですから人のことは言えないのですが、いわゆる「便利になった日記」感覚で「あぁ、○○っていうPDA欲しいなぁ」みたいな呟きがblogにはあふれていて、そういうのが大量に検索エンジンに引っかかってくるから、どうにもこうにも情報にたどり着くまでの時間が増えてしまっています。
 一時的な現象だとは思いますが、これまでより目的の情報にたどり着くまでの時間がかかってしまっているのは事実。よっぽど2chのスレッドの方が情報が集約されてしまっているのが現状かなぁ、と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧