December 19, 2012

ソフマップの残念な対応

 ThinkPadX220が安いというので、仕事の帰りにアキバを覗いてみました。実はX220は今年の頭に一度IPS液晶のリファービッシュ品を購入したのですがトラブルで返品。その後、購入は自重していたのですが、X230はアイソレーションキーボードになるし、X120eは力不足が目立つようになってきたし、ということで、自宅でのサブマシンとして、投げ売り状態のX220を買ってみることにしました。

 どこで買ってもいいのですが、ビックのポイントを消化したいという意向もあったので、ソフマップに決定。駅から近いお店に行きます。よく周辺機器を買ったり、ノート系ではhpのタブレットPCを買ったり、割と他の店舗に比べて利用頻度の高かったお店です。

 しかし、今回は残念な結果になりました。最初声掛けした店員は話の途中で別の返品要求のお客が肩をたたくとそっちに対応して、こちらが質問していたポイント移行の質問もほったらかしで、そちらに集中。「お待ちください」の声掛けはあったものの、他の店員を案内するでもなくかなり長い時間ほったらかし。この時点でかなり気を悪くし別のソフマップに行くと、そちらの店員は、お客だか仲間だかとじゃれ合ってお店の中で踊っている。呆れながら別の店員に声をかけて気になる点を質問すると、それに答えるとそのまますたすたと行ってしまい、あぁ、私は客として認識されていないんだな、という状況。時間もないので元の店舗に戻り、先ほどと別の店員に声をかけ、ポイントが付与されるかどうかを確認後買う意思を伝えますが、率先してレジに誘導してくれることもなく、いちいちこちらが何をすべきか確認しないといけない。で、レジでポイント移行の作業を頼むとクレジットカード機能のついたポイントカードをレジ前にほったらかして、作業に行ってしまう。あげくの果てにいざ精算となると、それまで複数の店員が行っていたポイントの付与がないという、始末。ここでいい加減呆れて、これまでの経緯を伝えると、ただただ申し訳ありません、というだけで、積極的に何か対応しようとはしません。

 いや、多分、これがデフレであえぐ厳しい社会状況下における普通の対応なんでしょう。私だって安物のPCを買おうとしているだけですから、別にお客様扱いしてもらおうとは毛頭考えていません。ただ、ほったらかしにされず、正しいことを答えてもらい、少なくともクレジットカードを放置されるような対応をされたくないだけです。

 ま、気持ちよく買い物をするということ自体が贅沢な時代なんでしょうね。寂しい話です。

 ともあれ、今後、積極的にこのお店を使うことはないだろうなぁ、と思うと、PC8801MHをソフマップで買った私としては、寂しくなりますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2011

LifeTouch NOTE 3Gモデル という選択

 というわけで、前回のお話の続き。
 舌の根の乾かぬうちに、というのはまさにこのことで、LifeTouchNOTEの3Gモデルを買ってきました。まぁ、理屈はいろいろありますが、1か月越しの懸案だったことは確かなので。
 理由はいくつかりますが、やはり、この機種の良さを生かすにはWiFiルーターなどを持たずに気軽に鞄に放り込むことができる、ということが大事だということでしょうか。とりあえずはU300で行きますが、イオンSIMなどでも2chやtwitterには十分でしょうから、そういう「モバイルPCのサブのサブ」みたいな用途にはうまくはまり込むのではないかと。
 それと通販ではなく店頭では(決しておしゃれとは言えないんだけど)、割としっかりしたケースもおまけに暮れるということも背中を押しました。何せ148のブラックモデル。めちゃめちゃ傷つきそうな光沢ありの筐体ですからねぇ。
 というわけで余るWiFiモデル。どう処遇するか考えましたが、オフィスで別の形で活用しようかと。というわけで、なんとLifeTouch NOTE2台体制ですwww

 さて、それだけでならどうでもいいのですが、この3Gモデル、触ってみて最初に感じたのが「ベコベコやん」
 そうキーボードが明らかに最初に買ったモデルよりもベコベコ。キーボードそのものがしっかり固定されておらずキー入力のたびにべこべこたわむ。もう、ストレス感じまくり、という状態。最初、充電器をつないだときに電源が入らなかったこともあって、初期不良で交換要求しようかなんてことも頭をよぎったのですが、面倒だなぁと思いつつ筐体を思い切ってひねってみたり押さえてみたり。そうするとキーボードは相変わらずたわむのですが、我慢できるレベルまで改善されました。
 まぁ、そうすると、普通に電源は入っているし、交換を要求するような理屈は立たないわけで、いそいそと環境設定を続けることにしました。
 これで学んだのは、LifeTouch NOTEの評判の悪さには、個体差も随分と影響しているであろうこと。確かに、今回あとから入手したモデルを最初から手にしていれば、販売店に怒鳴り込みたくなるようなキータッチであることは確かです。普通の人は筐体をひねったりしないでしょうしw、私だって6万とか7万払っていればそんなことはしなかったでしょう。これじゃぁ、悪い評判が立っても仕方ないですね。

 工作精度の低さと、コストダウンによる不十分なインターフェース、返す返すも不幸な機種ではあります。

 とはいうものの、ケースも入手できたし、U300での通信も(アップデートしたのでアンテナピクトも)確認できましたし、そして、テザリングもきちんと動作しました。というわけで、サブのサブしてこれから使っていきましょう。
 リストラはSH-10Bあたりかなぁ。。色も似てるし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2011

LifeTouch NOTEを買ってみる

 LifeTouchNOTEを買ってみました。8月に大幅な値下がりがありましたが購入の決断ができずにいましたが、昨日さらに値下げされたので。買ったのは松竹梅の梅にあたる2G+2Gモデル。色も黒しか選べないやすい奴です。
 8月に悩んだ最大の理由はどうせ買うなら3Gモデルをという思いがあったからで、しかし3Gモデルを選ぶとポイント込みでも3万円強。評判の必ずしもよくないAndroid2.2のマシンを今更買うには躊躇する金額です。何せ、結構カッコイイICONIATABとか、そういうのが買えてしまう金額ですから。
 とはいうものの、今回の値下げで梅はポイント込みなら1万3千円ちょっと。いわゆる中華パッドと変わりませんので、ならば買ってみようと。

 ヨドバシが先日来Amazonをdisったりしていたりしますが、かなり配送に力を入れています。昨日の23時頃ポチったにも関わらず、本日15時過ぎには到着しました。これは結構すごいですね。

 さて、いつもAndroidで使っている定番のソフト(っつうか、1ヶ月に1台か2台新しいAndroidをセットアップするって人生はいかがなものか)を入れてみての感想ですが、思ったよりまともに使える機械ということでした。
 モバイルギア信者でもあった私がこのLifeTouchNOTEを発売直後に買わなかった最大の理由は、実はキーボードがよろしくないという噂で、実際に店頭でさわってみればそのキータッチは確かにはかばかしいものではありませんでした。しかし、店頭ではなく実際の使用シーンにもってきて、机の上に置いて姿勢良くキーボードに向かえば、キータッチそのものはお世辞にもよいとはいえませんが、キーのサイズやATOKの小気味よい動作のおかげでふつうのノートPCと変わらない入力環境を提供してくれます。少なくとも余り好きになれないVAIOEのキーボードよりはまだマシでして、もちろん、iPadのソフトウェアキーボードよりもずっと実用的です。
 動作もおおむねサクサクで、Web表示の際になぜか一拍待たなければいけないような印象はありますが、特にストレスを感じるようなことはなさそうです。このあたり、なにをするにもイライラと待たなければいけないVAIOPと比べるとずっといい感じ。
 そういうわけで、WiFiを使った軽量キーボード端末ということであれば十分合格ラインかなぁという感想を抱いています。

 そうなってくると、やっぱり3Gモデルがほしくなります。3Gモデルなら単体でネットもできれば、テザリングもできます。テキスト端末ということを考えればbmobileで十分ですから、U300をつっこんで、PCは持ち歩く気にはならないけれど、twitterやらなにやらは使うというときには便利かなぁと思います。
 しかし、では、今、ポイント込みで考えると2万7千円弱の3Gモデルを買うかと言われれば。。。。かなり微妙

 悪い機械ではないと思うのですが、投資してまで使う機械かといわれればやはり躊躇してしまいます。キーボードは打ちやすいとはいえ、キートップはフニャフニャで、気持ちいいキーボードではありません。液晶はボヤっとしていて、コントラストが低く、解像度も足りないことが丸わかりで字がボケボケです。感圧式のタッチパネルの反応の鈍さも気になれば、ベゼル部分と画面の段差は、端から端までタッチ操作を行うAndroidには実に不適切で、どうにもいただけません。

 結局、液晶やらキーボードのコストダウンを行いすぎて、せっかくのコンセプトの良さをスポイルしてしまっているというのが、この機種の評価のすべてでしょう。もしまともなキーボードで、GalaxyTabレベルの液晶を積んでいれば、6万円以上出して(つまりは発売当初の価格で)購入しても納得がいったはずです。それが少しのコストダウンのために1万円代前半にならないと買ってもらえなくなってしまうのですから、これはプロダクトとしては失敗といっていいでしょう。

 改めてフルサイズのキーボードと、Androidの軽快さのマッチングの良さを感じただけにすごく残念に感じます。もったいないなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2011

イーモバの回線をWiFiルーターに変えてみた

 というわけで、BT-DUNで長らく運用していたイーモバの回線を、某WiFiルーターでの利用に切り替えてみた。
 で、東京駅でのスピードテストの結果がこちら


 速いな。かばん入れっぱなし運用もできるし、BT-DUNにこだわる理由はなくなったかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 30, 2010

今朝のイーモバイル、船橋付近

スピードテスト結果

充電せずにH31IAを持ってきてしまったので、PCにUSB接続して(っていうか、これまで設定してなかった)
ためしにスピードテストしてみた。NEXでの走行中にこれくらい出るならいいじゃない。
感覚的には、走行中はWIMAXよりは確実性が高くて速いんだよね。

WIMAXの瞬間的な速さは魅力的なんだけどなぁ。

ちなみに、今日はiPhoneも忘れた。忘れ物だらけ。XperiaとWIMAXルーターでしのぎますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2010

iPad狂想曲をさびしく見守る

世間では、本日、iPadが発売されました。

なぜか、たまたま、今日はオフィスに出なくても、いい日。本当は金曜日は忙しいんだけど、今日は家でポチポチと仕事をする日。そういう意味では、朝、AppleStoreに並びに行くことができる日。

だけど、もちろん、家にいます。WiFiのiPadは手元にあります。何も国内SIMロックがかかっている3G版のiPadを買いに行くような必要はまったくないわけです。

でも、ちょっとだけさびしい。

#ipadjpなんかを見ていると、数日前から盛り上がりまくりで、すでにiPadがある生活が日常化し、盛り上がりは十分にさめ、iPadは単なる日常のツールと成り下がってしまった私からすると、そのTLは妙に違和感。なんか、遠くの世界の出来事を見ている感じです。

それ以外にもPCを大量に処分し、デジタルガジェットへの物欲は非常に沈静化し(vilivN5は例外として)、物欲の対象が鞄とか、ほかのものに移行している今の私には、余計に自分と関係ない世界の話に感じて。

ただ、そこになんか疎外感を感じるんですよねぇ。そう、ビッグウェーブに乗り遅れたというか、乗り急いでビッグウェーブの前の波に乗ってしまったというか。

贅沢な悩みなのですが、なんか微妙な一日です。こんなことなら、昨日までにもっともっと見せびらかしておくべきだった。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2010

iPad 10日目の感想

 某先生のご尽力によって到着したiPadも、すでに10日利用しています。

 そろそろ、この端末について理解が進んできたので、その感想を書こうかな、と。

 もう言うまでもないことですが、とてもよくできた端末です。液晶の美しさと、見易さ、視野角の広さ、は最高です。直射日光のさす屋外でも、グレア液晶にもかかわらず、それなりの視認性(もちろん見づらいですが)があるのは、とてもすばらしいです。

 速度も、iPhoen 3GSに慣れた体でも十分に速く感じます。回転時の画面追従のよさ。Safariのレスポンス、その他さまざまなアプリの起動、ホーム画面に戻る挙動。これに関しては、事前に宣伝動画が、そう嘘ではないことが実際使ってみて理解できます。

 画面が大きいことによる操作性のよさは、使ってみるまではあまり感じませんでしたが、いざ使ってみると、iPhoneよりもずっと指での操作に適していることがわかります。やはり、ある程度の太さのある指でのオペレーションには、10インチクラスの画面サイズが必要だったんでしょうね。
 最初は間延びして見えたアイコンの配置も、実際に使ってみると、これくらい余裕がないとミスを招く、ということが理解できます。

 ソフトウェアキーボードも十分です。縦画面でこそキーが少し小さいものの、Libretto等の小型PCに慣れていた人であれば、これでも十分です。何より、英字キーボードと日本語キーボードで、キーの位置がほとんど変わらないのがとても大切。iPhoneはこれでかなり打ちづらい状況になりましたから。

 バッテリの持ちのよさは、特筆に価するでしょう。これ以上バッテリが持つ携帯端末を私は見たことがありません。一日持ち歩いたとしても、バッテリ寿命を気にする必要はないでしょう。少なくとも、私は残り容量が50%を切ったのを見たことがありません。

 ということで、基本的にはべた褒めです。特にリビングに置く端末としては完璧でしょう。Wi-Fiによるネット接続は十分に速く、iPadのよさを損ないません。

 難点としては、純正クレードルは重く作っているものの小型で、脱着の際に必ず両手を必要とするのが不便ですね。また、Safariがだんだん使っていると若干遅くなる、特にブラウザのキャッシュがうまくクリアされていないのか、使い込んでいるうちに(開いているページの数は少ないにもかかわらず)ページ切り替え時にリロードする頻度が高くなってくるような気がします。このあたり感覚的なものですが、若干最近気になり始めました。

 とはいっても、このあたりは些細な問題ですね。最大の難点はまだ日本のAppStoreにつながらないこと。私がよく使うソフトがまだiPadに最適化されていないこと、でしょうか。世間の人とは別の意味で、日本発売の日が待たれます。

 これだけ使える端末だと、リビング端末としてはもったいなくて、外に持ち出す端末としても活用したくなってきます。そうなると、問題は回線。やはり、Wi-Fi以外のネット環境がほしくなりますね。

 実は少しいろいろ検討し始めているのですが、はてさてどうなることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2010

結局iPadはsimロックありか

結局simロックありですね。何とも残念な結果です。
まぁ、これで国内版を買う理由はなくなったので、それはそれでOKなんですが。
3G版を買うのは次機種が出てからですね。
しかし、いいのかなぁ、こういうのって。日本だけですよね、ロックかかってるのって。
ソフトバンクのこれまでの動きには、賞賛する部分も多々あるんだけど、やっぱり納得がいかないんですよね。
こうなると今度は6月に出るという、次のiPhoneもソフトバンクオンリーになりそうですね。ただ海外版はsimロックフリーの可能性もあるかもしれませんから、そっちの方に期待すべきでしょうか。
でも、なんだかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2010

SoftBank docomo iPadの行方は

というわけでソフトバンクからiPadが出ることが確定したわけですが、いまだどういう販売形態になるのかは謎なままだったりします。
どうやらソフトバンクからでるものについてはsimロックがかかっているのは確定のようですが、ではアップルストア扱いだとどうなるのか、そこは情報が錯綜しているという感じです。

通話を前提にしない端末ということでプリペイド契約が話題の中心に来ているわけですが、ソフトバンクの対応はwifi契約を中心において確実に二年縛りを実現しようとしているのは、まぁ流石というか、そこまで縛るかというか。端末としては大きなiPod touchであることは事実で(ユーザー体験は別物だとしても)、もっとカジュアルに買えるようにして欲しいなぁとは正直思います。

出来ることなら各社から様々なプランのsimが出て来て必要に応じて渡り歩けるような環境が整備されることが好ましいのですが、果たして、明日どのような発表があるか端末としては楽しみです。

しかし、最悪の場合、つまり国内ではsimロックiPadしか出ないという状況になった時、個人輸入の問題は再度注目を浴びることになるでしょうね。問題は今後、転送業者経由でのiPadの発注制限を、USのアップルストアが解いてくるのかどうか、気になるところです。

さて、私はどうしましょうかね。まぁ、今回の国内輸入騒動はスルーでしょうか。とりあえず、iPadのソフトキーボードでもある程度タッチタイプ(って正確な表現じゃないけど)できそうなことがわかってきましたしね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 30, 2010

酔って脈絡のないことを書いてみる

先週の日曜日、子どもと影踏みをしていて、足をくじきました。見事な捻挫。
痛くて歩けない、もう情けない状況に、病院に行ってレントゲン。幸い骨は大丈夫そうなので、内服薬と湿布をもらって帰宅。
流石に、この状況でお酒を飲んで血行を良くするわけにはいかず、若干長めの休肝日。
で、久々にワインを飲み、酔っ払ったので思いつくままに。

iPadは、買いますが、きっと16GのWi-Fiオンリーモデル。使うのは家の中だけ。だから3Gも64Gもいらない。リビングでゴロゴロするときにiPadをお腹の上に載せる。なんとなく想像がつきます。でも、ネガティブに捉えている訳ではありません。そういうカジュアルな利用にこそ、このデバイスの価値がある、そう認識しています。

iPadを買うと、MacBookが不要になるかもしれません。だって、今、MacBookはリビングのソファの上でゴロゴロするときと、ダイニングテーブルに座っているときの専用マシンと化しているから。でも、それが私の一日の大半を占めているんだけど。

VAIO TypePとmbookを別々に持つのではなく、LOOX Uに一本化できないかと、若干夢想しています。とりあえずは、TypePをXP化してからかな。だって、mbookはXPでサクサクだけど、TypePはWindows7で決してサクサクじゃないんだもん。

HP dv7の評価はあまり高くないまま推移しています。最大の理由はデザインです。正直、カッコよくない。買う前はそれなりにカッコイイと思っていたんだけどなぁ。ちなみにZENデザインそのものには肯定的です。それよりもフォルムが美しくない。

やっぱりお仕事はデスクトップでしたい。でも、XPS420は手放すカウントダウンに入りました。嫌いではないです。ただ、人生をシンプルにしたいだけです。石鹸は顔と体で分けるひつようはありません。果たして、Parallelsはどこまで私のデスクをシンプルにしてくれるのでしょう。若干、よりややこしくするような気もします。

自宅の書斎をMacで一本化するなら、やはり21.5インチのiMac梅ではなく、27インチのiMac松でなければなりません。でも、液晶のちらつきやら、どうなってるんだろうなぁ。買い換えるとしたら3月かな。

家のサーバを強化しました。デスクトップと同じレベルにパワーアップするべく、メモリを増強し、ビデオカードを入れました。が、Windows Server 2003では、ソフトウェア的にいろいろ無理が出てきました。サーバOSのパフォーマンスを取るか、XPS420亡き後、デスクトップ兼用ということで、デスクトップOSに入れ替えるか。悩みはつきません。

ドコモの携帯が気に入らない病は、相変わらず治りません。希望の星はサムスンからでるSC-01Bです。とりあえず、人生初めて、ブロガー向け内覧会というのに申し込んでみました。スケジュール調整をしなければ。

そんなことばっかり考えている人生、どう考えてもむなしいよなぁ、と思う今日この頃。興味関心、日常的に気にしていることのパターンが高校生のころと大して変わっていない。学生諸氏よ、もしこれを読んでいたら、こんな大人にはならないように。方法論は学んでも、生き方を学ぶ必要はないのだ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)