« M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 は買いなんだけど。。。 | Main

April 17, 2014

さようなら、EOS Kiss

Kissx4b

 昨年から今年までの間にカメラ関係で起こった変化というと、EOS Kissとの決別が挙げられるでしょうか。

 Kissとの付き合いは、初代キスデジからですから、だいたい8年くらいだったのかなぁ、と思います。

 私が初めて手にしたデジタル一眼レフがKissでしたし、二桁Dに主力を移したその後も、Kiss DN、KISS DX、X3、X4とKissの系譜はサブとして残していましたから、正直感慨はひとしおです。
 一方で、X7は、私としてはKissの一つの完成系であり、今後のDSLRの方向性を考える上でも大事な位置づけの機種だと思っていましたから、こいつに移行せずにKissを買わなくなるっていうのは、ちょっと自分でも意外だったりします。

 もともと天邪鬼な私は、上位機種を尊んだり、エントリー機をさげすんだりするのだ大嫌いで、エントリー機にこそ美がある、という訳のわからない価値観を持っています。物事の本質を理解しているならば、エントリー機を型番のイメージや、価格からくる想定に縛られることなく、その機種の性能をフルに生かすべき。プロはKissで我々よりよっぽどすごい写真が撮れるぜ、と考える方です。
 そして何より、二桁Dやら一桁Dをこれ見よがしに振り回すのが何ともダサいというか、滑稽というか、そういう気負いが恥ずかしく感じるある意味中2な考え方も引きずっています。エントリー機をさりげなくしれっと使いこなす美学、そういうのを大切にしたいと。

 ある意味人生哲学にも影響してきたww、EOS Kissですが、手放す理由は、単純にマイクロフォーサーズの対等でしょうか。さらに小さく、さらに存在感のないOM-DやらPenやらをしれっと使う機会が増えれば、いくらX7でも鈍重なカメラに見えてきます。何もそうまでして光学ファインダーにこだわらなくても、そこまででしても所詮APS-C。マイクロフォーサーズでも結構いけるんだから、肩の力抜こうよ、みたいな感覚でKissを見るようになりました。

 正直カメラのとしての完成度はミラーレスより、EOS Kissに軍配が上がると感じています。もしはじめてイチガンを買うパパママがいれば、やはりそこはKissを優先すべきだろうと思います。ただ、大した写真の腕もないのに、カメラに関してうんちくを語るおっさんからは、そろそろKissを卒業させてあげてもいいかなぁ、と思います。

 さようなら、EOS Kiss。また中2をこじらせたら会いましょう。

Kissx4a

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

|

« M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 は買いなんだけど。。。 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さようなら、EOS Kiss:

« M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 は買いなんだけど。。。 | Main