« January 2012 | Main | December 2012 »

November 29, 2012

旅カメラが我が家にはない

 写真を撮るぞ、という目的意識を持って旅に出ることは残念ながらほとんどありません。そもそも、旅、に出ることすらほとんどない訳です。どこかに出かけるとすれば、出張ついでに2,3観光地を回ったり、少しおいしいものを食べに足を延ばしたり、そういうのがせめてもの、旅、らしき行為。味気なくはありますが、多くの普通の人が同じような状況にあるのではないでしょうか。

 そういう出張とも旅とも呼べないお出かけの際に、どういうカメラを持っていくか、ということを改めて冷静に考えてみると、実は我が家にはこういう用途のカメラがないことに気づきます。

 当然、出張のお供みたいなものですから、一眼レフを持ち出すことはないでしょう。それが例え軽量のKissであったとしても。便利ズームつけて約1kgになる「機材」を出張のキャリーバッグに入れるには、かなりの撮影に対する「動機」が必要となります。

 では、ミラーレスならどうなのか。重さ的にはレンズを入れても500g以下で済ませることは可能です。ですから、旅カメラにはもってこい。となるか、というとまたそれは別だったりもします。だいたい、ミラーレスならば、どのレンズをもっていくか、ということが重要になります。
 旅カメラ、ですから旅先の写真を撮る訳です。どうしても風景や、食べ物wが撮影対象になるでしょう。そうするとあまり長いレンズは必要ありません。一方で、必ずしも撮影条件に恵まれていない場所でも、いわゆる「記念」にシャッターを切ったりするわけで、そうなると基本的には明るいレンズが欲しくなる。そうなると、わが手持ちのミラーレスのレンズ群だと何を付けることになるでしょう。
 14-150は便利な選択肢ですが、決して明るくはありません、12-50も明るくありません。一方45mmf1.8は明るくて良いレンズですが、結局は単焦点の中望遠で想定された用途には向かない。では、お手軽な17mmパンケーキか、ということになります。しかし、広角よりの単焦点だけ、しかも大してキレはよくないということを考えると、これもベストな選択肢とは思えません。
 じゃぁ、やっぱりズームで、ということになると12-50ですが、意外にこの図体がデカい。かさばり具合でいえば14-150と大差ありません。そうなると、どうせかさばるなら、ミラーレスのレンズなんて小さいんだし2,3個持っていくか、となってしまい、結局使いもしないで持ち歩く荷物が増えてしまいます。そして、帰ってきてから「持っていく必要なかったな」と後悔する訳です。

 そもそも普段の私は景色を撮ることなど少なく、広角系にあまりこだわりがありません。ということで、広角から標準域でいいレンズを持っていない。それどころか、いわゆる標準ズームですら大したレンズはないのです。いざとなれば便利ズームのワイド端でいいや、という考え方なので、いざ、旅カメラを選ぶぞ、というときになって、選択肢に困ってしまいます。

 というわけで週末の出張のキャリーバッグにどのカメラを忍ばせるかが今のところの悩みどころ。いっそのこと、何も考えずにコンデジだけで行くのか、それとも明るさ、ということでPentaxQにStandard Primeだけ、という身軽なセットで行くのか。後者は悪くないかもしれません。50mmだけで写真を撮るのは、少なくとも私の若いころには普通のことだった訳ですから。

121129_8_21_39

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2012

フィルムからデジタル、一眼レフからミラーレス

 当たり前といえば当たり前のことですが、結構感慨深いものです。

Kissomd

 KISS X4にタムロンのB008の組み合わせは、言ってみればお気軽最軽量システムの最右翼。最軽量ボディのバリアングルになる前のKISSにタムロンの最新の軽量便利ズームの組み合わせは、いわば、スターレットターボというか、車でたとえればまさにホットハッチだったわけです。

 しかし、OM-Dに14-150を組み合わせてしまうと限りなく同じようなレベルの運用が出来ます。もちろん、OVFかEVFは大きな差で、特に動体においては無視できない違いがあるのですが、出てくる絵のレベル、高感度耐性、そしてレンズのクオリティ、結構タメを張る内容です。言ってみればアルトワークスみたいなもんでしょうか。

 リッターカーといえど普通車と軽自動車の差は歴然としています。同様にこの2つのカメラの間にも明確なサイズの差が。体積の差は歴然としています。重さは、実は中身が詰まってる分、そしてKISSが極端に軽いので、持った感じの重さはOM-Dのほうが重く感じますが、レンズを含めればもちろん、ミラーレスの圧勝。明らかに一回りか二回りコンパクトなシステムをミラーレスだと組むことが出来ます。

 こう比較すると、思えば遠くに来たもんだなぁ、と思います。初めてのカメラは110でした(自分のカメラではなかったけど)。初めての一眼レフはAE-1Pでした。初めてのオートフォーカスのカメラはEOS650でした。そして、初めてのデジカメQV-10、初めてのデジタル一眼レフKISS Digitalときて、ミラーレスなOM-D。AE-1PとOM-Dの見た目のテイスト、持ったときのホールド感の近さ、その近さが、返って30年近い時代の流れを感じさせて、なんとも感慨深いものがあります。

 とはいえ、ミラーレスそのものもいわば過渡期の産物でしょう。昨今の高級コンパクトの動きを見ていると、カメラのありようはまだまだ変化していきそうです。果たしていつごろまでこうした変化についていくんでしょうね。それとも、近い将来、もう新しいカメラなんてどうでもよくて、一度買ったカメラを壊れるまで使い続けるような達観した状況になるんでしょうか。

 案外、そのときは近いような気もしますが。。。。。なんでOM-Dがあるんだよww

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2012

E-PM1にEVFは必要か

Epm1b


 というわけで相変わらずカメラです。

 昨日、手元不如意につき、E-PL2はドナドナされていきました。1年間ありがとう。使う機会は少なかったものの、いい機種だったと思います。幸せに暮らしておくれ。
 E-PL1sではなくE-PL2を処分した理由は多少なりとも高く売れそうなのと銀色のカメラが2台あるのもキャラかぶりだから、という単純な理由です。E-PL1sもタイミングが来れば手放すのでしょう。マイクロフォーサーズのボディについてはまだ、決定版というレベルの機種は値崩れしていませんからね。

 さて、そうなるとE-PM1は我が家でおそらく一番ハイスペックなマイクロフォーサーズな訳でw、どのくらいの実力があるか、動きモノで試してみました。もちろん、VF-2という我が家には珍しい高額な機材をつけて。

 結果、惨敗。追尾AFしか試していませんが、E-PL2以上にきつかったです。まぁ、条件を変えればE-PL2とどっこいどっこいにはなるのでしょうが、そもそも向かってくる被写体にまともにAFがあわず、一度でも見失えばもう帰ってこないわけで、この辺りEOSユーザーとしては(当然ですが)満足がいくわけがありません。
 ここでついつい、じゃかニコワンとかどうなんだろうとか、つい思いがちですが、それは置いておいて、やっぱりこのOLYMPUSのPenシリーズでは動体は無理。おそらく、OM-Dでも無理。もちろん、動体以外の部分については意外な描写力であったりフットワークであったり、十分によいカメラですが、気合を入れてファインダーと向き合う、という用途にはやはり使えなそうな感じです。

 そうすると問題は、この高価なEVFであるVF-2。そりゃ実売で1万円台後半ですから、普通の人には高くもなんともないのでしょうけど、私のような素寒貧にとっては大きな金額。なにより投売りのボディが買える値段ですw そして、持ち歩くとつい外れてしまうロック機構のなさにそれなりに悩まされた経験もあり、愛着も微妙なところがあります。

 現金化するなら早めに、というのがこの世界の鉄則。使わなかったり愛さなかったりするものは、とっとと愛してくれる誰かにドナドナされるべきでしょう。そういう意味で、このVF-2、ちょっと立場が悪くなってきました。

 さて、どうするか。悩みながらの週末。一方でXZ-1のプレミアムキットとが値崩れしているらしく、だったらこれ買えば、ロック機構付のEVFもお手軽レンズ番長コンデジも手に入って、VF-2がなくなっても十分幸せになれるような気もしてきたり。完全本末転倒ですが。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2012

PENTAX Qは本当にコンデジ画質なのか?


Pentaxq2

 振り返ってみると、去年はKISS X4にE-PL1s、E-PL2を買っていますから、年間3台のデジカメを買ったわけです。そうであれば、今年、7DとE-PM1、それにPENTAX Qを買ったとしても、ペースとしては同じなわけで。。

 いつもからっけつの私ですから、出たばっかりのカメラを買う余裕はありません。どうしてもモデル末期、投売りになっているカメラを買わざるを得ないわけです。そういう意味で、E-PM1とPENTAX Qは今年後半の代表的投売り機種ですから、まぁ、入手しますわな。

 PENTAX Qは別に出たときから欲しくて仕方なかった機種ではありません。しかしながら、なんとなく気になる、というか、小さすぎだよね、とか、コンデジセンサーだよね、とか、レンズのラインナップも結局トイレンズで水増ししてるだけで揃ってないよね、とか、いろいろしたり顔で語りつつ、もう少し安かったら欲しいなぁ、という、まぁわかりやすく物欲を刺激してくれる機種だったわけです。

 一時期、レンズキットが3万円前後で出ているときにちょっとグラグラしたのですが、そのときはデジカメ購入熱が冷めていたので見送り、しかし、7DにE-PM1と盛り上がっている時期にStandard Prime付で2万円近い金額を提示されれば、まぁ、落ちるでしょうね。

 というわけで手元にやってきたPENTAX Qですが、まだちゃんと写真を撮っていません。とりあえず、いつでも持ち運べるサイズということでここ2日ほど鞄には入れているのですが、通勤途上で早々写真を撮る機会はありませんし。それに薄い鞄好きの私には、レンズ込みの厚みがそれなりにあるPENTAX Qはそう持ち運びしやすいわけではありません。パンケーキをつけたE-PM1と大差ないかもしれず、あまり「買ってよかったPENTAX Q」という気分にはなっていません。

 あまりに不憫なので朝、とりあえず写真を撮ってみました。被写体は適切なのがなく、E-PM1(笑 とりあえずPENTAX Qでの写真の撮り方がつかめていないので、実力がイマイチわからないです。すくなくとも、出来のいいコンデジクラスの写真は撮れそうではありますが。。。 意外に難しいカメラかもしれませんね。

Epm1a


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2012

E-PM1は貼り革してこそのデザイン

 Aki-Asahiから念願のE-PM1の貼り革が届きました。

 土曜日用事があって、E-PM1を首からぶら下げて子どもの自由研究が展示されている施設に行くと、そこにも首からブラウンのE-PM1をぶら下げたおじさん(って言っても同じ世代かな)がいました。正直、ノーマルのシルバーのE-PM1をぶら下げてた私は「これ、まだ貼り革してないんです」と言い訳しそうだったのですが(ホントにしてたら変人だな)、これでやっと心が落ち着きます。

 というわけでビフォー

Epm1a


 アフター

Epm1d


 昨年、E-PL2に貼り革したときは水貼りをしたのですが、今回のE-PM1の貼り革については説明動画で水貼りをする様子はなかったのでエイヤで貼りました。さすがAki-Asahi、調整なしでぴたりとあいます。

 改めて貼り革したE-PM1を見るとこちらのほうがデザインとしては完成しているように思います。普通の色のE-PM1は何の変哲もない普通のデジタルカメラって感じですが、正面から見たとき、貼り革をして横に一本ラインが入ると、筐体上部の微妙な曲線が強調されて、繊細な造形がなされていることがはっきりとわかります。一方、液晶上部が少し細くなっていて、筐体上部が薄く見えるようなデザインがなされていますが、貼り革がないとこの上部の薄さが全体のイメージにも影響し、ほっそりした頼りなさげなデザインに見えるのですが(まぁ下位機種だから当然か)、貼り革をすることでボディに落ち着きが出て、頼りなさげなデザインというよりは繊細な道具というイメージのほうが強調されるようにも感じます。

 で、レンズキャップを取ってみると

Epm1e

 いやぁ、レンズキャップのOLYMPUSの文字が消えると、レンズ周辺のZUIKOの文字がしっかりと目に入ってきて、このなんともレトロレトロしい雰囲気が一気に高まってきます。いやぁ、いいわぁ、これ。

 いや、カメラトしての評価的には16:9の液晶は3:2を常用する私にはメニューを画像の外に追いやる効果があっていいとか、モードダイヤルがなくても使いやすくはあるけど、メニューのレスポンスに少し難があるとか、いろいろ褒めたいところやら、けなしたいところもあるのですが、とにかく、この佇まいにノックアウトです。とにかく、ラブです。

 E-PM1のデザイナーの方がどのような意図でデザインされたかは知る由もありませんが、結果としてめちゃめちゃ気に入っているユーザーがここにはおります。感謝、感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2012

飛び道具、EOS 7D を、今更買う

 秋はカメラ購入の季節と昨日書いていたわけですが、実はE-PM1をいきなり買ったわけではなく、その前兆にはこんなものがあったのでした。EOS 7Dです。E-PM1の前日?前々日?に買うという暴挙。2日ほどで2台もカメラを買うなんて変です。

 それに、5D MarkIIIやら今度出る6Dならともかく、3年も前の機種である7Dを今更買う、7D MarkIIが来年早々に発表になったとしてもおかしくない時期に買うというのはどうにも合理的ではありません。でも、わかっちゃいるけどやめられないというところでしょうか。

 実はEOS購入に関してはかなりの迷走があります。初代KISS Digitalからこの世界に戻ってきて、中古の20Dで納得し、発売と同時に30Dを買い、一方でサブ機にKISS DN(RebelXT)を買い、順調にその後30Dは40Dに、KISS DNはKISS Xにと移行してきたのですが、おかしくなりだしたのは5Dの登場と1000万画素以上のセンサー搭載機種に移行し始めてからでした。

 カメラも写真も好きですが、面倒くさがりの私はRAWで撮ることは殆どありません。JPG撮って出しが基本です。そして、好みの絵を吐いてくれるのが、初代KISS Digitalであり20Dでした。あの頃の600万画素、800万画素のセンサーの絵作りが好きだったわけです。
 30Dは20Dとほぼ変わらず好印象でしたが40Dになると突然迷いが生じます。そして他は不満じゃなかったのにAFの性能がイマイチということでKISS DNをKISS Xにして、やっぱり納得がいかなくなってきます。一方、その時期と前後して出てきたフルサイズの初代5Dが私好みの絵であったこともあり、いっそのことフルサイズにすべて移行してしまうべきか、でも、お金はないし、というちょっとした手詰まりになってしまいました。
 そのせいで40Dは値段がつくうちにということで早々に手放し(今から考えるとあの連写は惜しかった)、2桁Dは30Dを更新せず、KISSだけをモデルが末期の投売り時にちょこちょこ買い換えて、という形で製品更新サイクルから遠ざかりながらしばらく生きてきました。

 その頃に7Dは発売になっていたわけです。正直にいえば、APS-Cとしてはまさに私の待ち望んでいたような機種であり、盛り上がっていた頃ならば予約を入れて買っていたでしょう。でも、もう少し出せばフルサイズが買えるという思いは捨てきれず、5Dの値段は下がらないかなと考えつつ、結局よさげなカメラだねぇと時々カメラ売り場で7Dを覗きながら、3年近く経ってしまいました。

 考え方が変わったのはKISSをX4に換えたことです。これも別に欲しかったわけではなくモデル末期で安売りだから買っておいたほうがいいねというレベル。KISSには軽量を求める私としては今後バリアングル液晶だけになり多少重くなっていくであろうX5以降よりはX4を入手しておいたほうが満足度は高いだろうという思いがあっただけです。しかし、このX4の1800万画素センサーが、これまでのKISSの絵作りよりずいぶんと親しみやすい仕上がりになっていることに気づきました。ある程度の透明感と緻密さにバランスが取れていて、少なくとも40Dあたりの絵よりは随分と好みです。
 X4と7Dはほぼ似た時期。X4発売時は7D譲りのセンサーなんてあおり文句が出ていました。だったら7Dの絵も好きになれるかもしれない。そして追い討ちをかけるように6Dの発表。私にも手が出そうな、そしてGPSや無線LANやら、多少無理してお金を出してもそれを納得させてくれそうなギミック類は、まさに購入意欲をそそってくれます。
 そして巷間言われるように、7Dと6Dは見事に補完関係で、長さと速さの7Dと、そこそこの速さで懐の深いフルサイズの6Dなら、今後3年は不満なく戦えそうな気がしてきました。

 というわけで、今頃7Dを買いました。ためしに動体を撮ってみましたが、やはり秒8コマは異次元で、まさにこいつは「飛び道具」という感じがします。上の子が小学校を卒業するまであと4年。それくらいは、この飛び道具で戦っていけそうですね。

Eos7d


| | Comments (0) | TrackBack (0)

E-PM1がやってきた

 あら、まぁ、1年ぶりくらいでしょうか。久しぶりです。

Pb090354


 E-PM1がやってきました。どうやら私は秋が深まるとカメラを買ってしまうようです。理由はありません。秋風が吹くと無性にヤマダ電機のカメラ売り場が恋しくなるのです(嘘)

 もちろん、ツインレンズキットを買って、いらないレンズは処分するわけで、お安くボディを手に入れたわけですが、意外に、これいいですね。
 何より軽くて小さいのが一番ですが、思った以上に良かったのがこの操作性。モードダイヤルのないカメラなんてありえないって勝手に思い込んでいましたが、別にメニューボタンから選んでもそう問題はありませんでした。逆に、触るべきボタンの数が少ないのは返ってシンプルな操作性を実現しているわけで意外に使いやすいです。

 ダイヤルもE-PL2よりも節度がある感じで回しやすく、フィールはよし。薄くなったこととあいまってお出かけのときにとりあえずかばんに入れておくというポジションにすっぽりと収まりそうです。

 画質については、一見良かったです。さすが、E-PL1sやE-PL2と比べて1世代後なだけあってセンサーは変わってなくても味付けでよくなったかなと思っていたのですが、同じレンズ同じ露出、同一条件でE-PL1sやE-PL2と比べてみたところ、少なくとも黒っぽい細かな被写体では、ノイズは少ないもののディテールは失われており、E-PL1sやE-PL2のほうが私的には納得のいく絵でした。でも、ぱっと見はE-PM1の方がキレイにも思えますし、別の条件の撮り比べだと透明感はE-PM1の方がはっきり上だったので、なんともいえません。まぁ、結局は同じセンサーなんでしょうね。

 ただ、こうなると困ったのは、次はどのボディを処分するか、ということです。防湿庫はもういっぱいだし、マイクロフォーサーズのボディを3台持つのはあまり合理的でない気もします。それに、発売時に買わずにタイミングを逃した本命のマイクロフォーサーズボディも必要ですし。。。E-PL1sを処分するのか、それともE-PL2を先に処分するか。ちょっとした究極の選択ではあります。

 そうそう、Aki-Asahiに張り革は注文済みです。そのためにシルバーボディにしたんですもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | December 2012 »