« 飛び道具、EOS 7D を、今更買う | Main | PENTAX Qは本当にコンデジ画質なのか? »

November 12, 2012

E-PM1は貼り革してこそのデザイン

 Aki-Asahiから念願のE-PM1の貼り革が届きました。

 土曜日用事があって、E-PM1を首からぶら下げて子どもの自由研究が展示されている施設に行くと、そこにも首からブラウンのE-PM1をぶら下げたおじさん(って言っても同じ世代かな)がいました。正直、ノーマルのシルバーのE-PM1をぶら下げてた私は「これ、まだ貼り革してないんです」と言い訳しそうだったのですが(ホントにしてたら変人だな)、これでやっと心が落ち着きます。

 というわけでビフォー

Epm1a


 アフター

Epm1d


 昨年、E-PL2に貼り革したときは水貼りをしたのですが、今回のE-PM1の貼り革については説明動画で水貼りをする様子はなかったのでエイヤで貼りました。さすがAki-Asahi、調整なしでぴたりとあいます。

 改めて貼り革したE-PM1を見るとこちらのほうがデザインとしては完成しているように思います。普通の色のE-PM1は何の変哲もない普通のデジタルカメラって感じですが、正面から見たとき、貼り革をして横に一本ラインが入ると、筐体上部の微妙な曲線が強調されて、繊細な造形がなされていることがはっきりとわかります。一方、液晶上部が少し細くなっていて、筐体上部が薄く見えるようなデザインがなされていますが、貼り革がないとこの上部の薄さが全体のイメージにも影響し、ほっそりした頼りなさげなデザインに見えるのですが(まぁ下位機種だから当然か)、貼り革をすることでボディに落ち着きが出て、頼りなさげなデザインというよりは繊細な道具というイメージのほうが強調されるようにも感じます。

 で、レンズキャップを取ってみると

Epm1e

 いやぁ、レンズキャップのOLYMPUSの文字が消えると、レンズ周辺のZUIKOの文字がしっかりと目に入ってきて、このなんともレトロレトロしい雰囲気が一気に高まってきます。いやぁ、いいわぁ、これ。

 いや、カメラトしての評価的には16:9の液晶は3:2を常用する私にはメニューを画像の外に追いやる効果があっていいとか、モードダイヤルがなくても使いやすくはあるけど、メニューのレスポンスに少し難があるとか、いろいろ褒めたいところやら、けなしたいところもあるのですが、とにかく、この佇まいにノックアウトです。とにかく、ラブです。

 E-PM1のデザイナーの方がどのような意図でデザインされたかは知る由もありませんが、結果としてめちゃめちゃ気に入っているユーザーがここにはおります。感謝、感謝。

|

« 飛び道具、EOS 7D を、今更買う | Main | PENTAX Qは本当にコンデジ画質なのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/56100309

Listed below are links to weblogs that reference E-PM1は貼り革してこそのデザイン:

« 飛び道具、EOS 7D を、今更買う | Main | PENTAX Qは本当にコンデジ画質なのか? »