« 5台目のEOS Kiss Digital | Main | 節約、節約 »

November 19, 2011

OLYMPUS Pen という選択 E-PL1s

 えぇ、オリンパスが揺れています。上場廃止は免れるか、という見方もあれば、一方で非合法の組織とのつながりの懸念は否定され切っておらず、とても微妙な状況。

 そういうさなかに、OLYMPUS Penという選択です。実はKISS X4を買ったのはPenを買ってカメラ熱が再燃したからだったりします。

 そもそもはAmazon。E-PL1sのレンズキットを買うと望遠レンズが1万円で買えるキャンペーンというのをやっており、もともとm4/3にもミラーレスにも興味はなかったのですが、いい加減コンデジの画質に嫌気がさしていた私は、もしかしてコンデジを買い替えるより安くまともな写真が撮れるカメラが買えるなら、とこのキャンペーンに興味を持ったのでした。
 で、もしAmazonのキャンペーンが普通に動いてたら、素直に買う直前になって「お金ないしやめよう」ということになったのですが、実はこのキャンペーン、当初は正しく機能しておらず、カートに行ってお買い上げ直前になっても望遠レンズの値引きが適用されないという状況にありました。そこでAmazonにクレームは入れたと同時に、他のサイトで同様のキャンペーンをやっていないか、という情報収集。で、情報収集しだすと、相場観がはっきりしてきて、なおかつカメラそのものの評判もわかってくる。そうすると、このE-PL1sという製品が、非常にいい感じに値崩れしている、つまり買い時だということがわかってきてしまいました。

 E-PL1sというのはPenシリーズの第1世代のライトバージョンのマイナーチェンジ版というとても微妙な位置づけ。でも、まさに私の大好きな、LCの香りがするラインで、微妙なチープさと割り切りがカジュアルでとてもいい感じです。
 EOSでもKISSを妙に愛する私としてはこれは買わずにはいられない、でもAmazonのカートはおかしいし、最安値を記録していたというSofmapは品切れ、で、池袋界隈の量販店をフラフラ。
 そうすると(ホントは普通のレンズキットの安売りでよかったにもかかわらず)、望遠もついたWズームキットがAmazonの値引き価格よりももっと安い。さすが激戦区の池袋、ということで、あまり深い考えもなく買ってきてしまいました。
 実際に手に取ったE-PL1sは手へのおさまりもとてもよく、そして何よりびっくりしたのが、撮れる写真が意外にシャープでかつ、透明感が充実していること。キットレンズの評判が良いのは知っていましたが、これなら一眼レフを持ち出さなくてもいいのではないか、というくらいの出来のよさ。白のボディはチープな雰囲気をただよわせながらチープすぎもせず、絶妙の所有満足も醸し出してくれます。
 というわけで、こういうカメラになると妙にアクセサリーに凝りたくもなり、といってもあまり凝りすぎるとチープ感を阻害するということで、純正の本革ハンドストラップをつけてみたりしておりますが、次はどういうアクセサリーをつけようか、そういう楽しみが盛り上がってくるカメラです。

 初期投資は安いものの、結構金食い虫になりそうですね。すでにレンズは標準ズームじゃないものがついているし(笑

Pb190002_2


 

|

« 5台目のEOS Kiss Digital | Main | 節約、節約 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/53280480

Listed below are links to weblogs that reference OLYMPUS Pen という選択 E-PL1s:

« 5台目のEOS Kiss Digital | Main | 節約、節約 »