« September 2011 | Main | December 2011 »

November 28, 2011

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 に VF-2 で? その後は?

Img_2475s

 どうするつもりなんでしょうねぇ? この後?
 結局、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8にVF-2も。ミラーレスへの投資額は最終的に10万円に届こうとしています。7Dのボディは買えましたね。ヤマダの池袋に行って、最安値で5DmarkIIのレンズキットを買って、うまくレンズを売抜ければ、ポイント考慮で5DmarkIIにも手が届いた訳です。エライこっちゃ。

 無駄遣いというのはこういうのを言う訳で、まぁ、反省してしかるべきですが、ここまで来た以上は仕方が無い。マイクロフォーサーズと共に心中しようじゃないか、という状況ですね。

 ただ、17mmのパンケと45mmの中望遠があるとキットレンズの14-42は不要かもしれません。そもそもKISS用の18-55も使ったこと無いし、便利ズームか24-105、それとも50mmあたりでたいてい片がつきます。望遠域の方がズームは必要で、広角から標準は単焦点で何とかなるんですよね。
 そうなると、レンズは3本体制ですが、でも便利ズームは便利な訳で14-150の評判は悪くない。重さは若干重いものの、40-150とサイズは変わらない。米のamazonから取り寄せると日本円で4万5千円強。うぅむ。

 そうこうするうちに、E-P3は値下がりするかもしれないし、フォトパスの感謝祭は来週あるし、今しばらくはマイクロフォーサーズがマイブームは続きそうですねぇ。もっとも、いざという時のためにMMF-2も手に入れてあることが、イザということが起こったときにはかなり危険なのですが。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2011

E-PL2 と 貼り革

 人の原稿を読んだり、自分の原稿を書いたり、そういうことに追いまくられる日にはこうしてブログを更新しようという気分になるものです。このことは決して悪いことではありません。少なくともキーボードに向かって文章を打つという行為は、その内容が何であれ、多少はその後の作業に良い方向性での影響を与えるはずです。

 そういう言い訳をしながら、E-PL2です。E-PL1sはダブルズームキットを買いました。望遠のズームは小型軽量で良いわけですが、標準ズームはいけません。小型で軽量かもしれませんが、ずるずると前に長い。それにプラス、前玉を事前に繰り出す作業をしないと撮影ができないというのもこれまでの私のカメラ人生にはなかった要素で、あまりうれしくはありません。というわけで、もともとほしかったパンケーキを購入することを決意します。

 わざわざOLYMPUS Penぞを買う理由は見た目重視だから、そういう意味ではいまいちデザインの好きになれないパナのパンケを選択する必要はありません。値段も手ごろなM.ZUIKO 17mm F2..8が普通にターゲットになってきます。こちらのレンズ、単体購入だと価格.comで3万円くらい。ヤフオクで未使用品が1万円台後半というところ。
 決して安い投資ではありません、何とかお得に買いたいということで、定番ですが値崩れの激しいE-PL2のパンケキットで買ってきました。おそらく、最安値付近で。

 でついてくるのがE-PL2です。色はE-PL1sとお揃いも芸がないのでシルバー(ゴールドらしいが)。ただ、実はそんなに愛着はありません。というのは、とっても中途半端だから。

 どうせ、高級路線ならLiteじゃない路線、今ならE-P3が良いわけです。安っぽさ爆発で良ければE-PL1sのバランスは素敵です。E-PL2は微妙にE-PL1よりは高級路線にしていて、でも、E-P2やE-P3よりは安っぽくしなければならないというマーケティングの理由だけでコストダウンがされていて、何とも中途半端な印象。

 デザインそのものは悪くないのですが、せっかく(少なくとも前面は)金属なのに、質感が中途半端だとか、ボディ上面の黒い樹脂部分が高級感に欠けるとか、そりゃLiteなんだから仕方ないんだけど残念感漂う雰囲気。

 と言っても、じゃぁE-PL2を売りとばしてE-P3を買うかといえばそうはいきません。だってE-P3はまだ値崩れしていない(笑 かといってE-PL2を未使用でヤフオクするかといえば、やはり(どんなシステムでも)、ボディが2つあるのは便利。ということで、当面は、E-PL2を我慢して使い、E-P3の値崩れを待つことにしました。

 でも、そのままだと所有満足がイマイチということで、流行りの貼り革をしてみることにしました。最初にE-PL1sをAmazonで漁っていた時には、こんなことになるとは露ほども思ってなかったのに。
 貼り革は定番のAki-Asahiさんで。お忙しいらしくしょっちゅうオーダー停止になるのですが、合間を縫って注文したら翌々日にすぐ届きました。そして貼り革の成果がコレ。イマイチ好きになれなかったE-PL2ですが、なんとかE-P3の値崩れ(来年の3月くらいかなぁ)あたりまでは我慢できそうな雰囲気になりました。

 ホットシューに何かがついていたり、キットレンズじゃないものがついていたり、そういうことをとりあえず忘れておくことにしましょう。

Pb190062

Pb190063


| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 23, 2011

節約、節約

 先日KISS X3をドナドナした訳ですが、あまり気を使わずに使っていたので、それなりに傷がありました。特に、液晶についてはケアをしておらず、比較的丁寧に扱っていたつもりだったのですがそれなりに傷があり、その旨記載した上でオクに出しました。当然、強気の値段はつけられない訳です。

 で、新たに買ったX4やE-PL2、E-PL1sなどにはきちんと液晶保護シールを貼っておこうと。ただこれ、お店で買うとかなり高いんですよねぇ。で、いろいろネットを探していると、X4とE-PL2についてはヨドバシで500円以下で売っているものがあったので迷わずポチ。しかし2世代前のE-PL1sについては安売り品がありません。
 とはいっても700円以下のものは見つかるのですが、他が400円台だったので何となく悔しい。で、どうしようかと思っていると某家電量販店の店頭でE-620の保護シートが投げ売りワゴンに100円で入っていました。
 同じオリンパス、出た時期もE-620とE-PL1は近い。スペックも表記上は同じ2.7インチ。これならそのままつくんじゃない?と思って、とりあえず買ってきてみました。
 さて自宅であわせてみると、横幅はぴったりですが、縦があいません。そうE-620の場合、液晶の下のロゴのところまで保護シートを貼る必要があるので縦が長いんですよね。
 とはいえ、買ってきたんだから貼らない訳にもいかない。男は度胸ってことで測ったり、線をひいたりしないで、ハサミでエイッ。
 多少ななめってしまいましたが、とりあえず実用上問題の無い大きさになりました。

 まぁ、正直大きめシートを買ってきて、それを切ってしまえばそれで済む話なのですが、どうせ今回も切った訳だし。アホな節約の仕方です。

Pb230065


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2011

OLYMPUS Pen という選択 E-PL1s

 えぇ、オリンパスが揺れています。上場廃止は免れるか、という見方もあれば、一方で非合法の組織とのつながりの懸念は否定され切っておらず、とても微妙な状況。

 そういうさなかに、OLYMPUS Penという選択です。実はKISS X4を買ったのはPenを買ってカメラ熱が再燃したからだったりします。

 そもそもはAmazon。E-PL1sのレンズキットを買うと望遠レンズが1万円で買えるキャンペーンというのをやっており、もともとm4/3にもミラーレスにも興味はなかったのですが、いい加減コンデジの画質に嫌気がさしていた私は、もしかしてコンデジを買い替えるより安くまともな写真が撮れるカメラが買えるなら、とこのキャンペーンに興味を持ったのでした。
 で、もしAmazonのキャンペーンが普通に動いてたら、素直に買う直前になって「お金ないしやめよう」ということになったのですが、実はこのキャンペーン、当初は正しく機能しておらず、カートに行ってお買い上げ直前になっても望遠レンズの値引きが適用されないという状況にありました。そこでAmazonにクレームは入れたと同時に、他のサイトで同様のキャンペーンをやっていないか、という情報収集。で、情報収集しだすと、相場観がはっきりしてきて、なおかつカメラそのものの評判もわかってくる。そうすると、このE-PL1sという製品が、非常にいい感じに値崩れしている、つまり買い時だということがわかってきてしまいました。

 E-PL1sというのはPenシリーズの第1世代のライトバージョンのマイナーチェンジ版というとても微妙な位置づけ。でも、まさに私の大好きな、LCの香りがするラインで、微妙なチープさと割り切りがカジュアルでとてもいい感じです。
 EOSでもKISSを妙に愛する私としてはこれは買わずにはいられない、でもAmazonのカートはおかしいし、最安値を記録していたというSofmapは品切れ、で、池袋界隈の量販店をフラフラ。
 そうすると(ホントは普通のレンズキットの安売りでよかったにもかかわらず)、望遠もついたWズームキットがAmazonの値引き価格よりももっと安い。さすが激戦区の池袋、ということで、あまり深い考えもなく買ってきてしまいました。
 実際に手に取ったE-PL1sは手へのおさまりもとてもよく、そして何よりびっくりしたのが、撮れる写真が意外にシャープでかつ、透明感が充実していること。キットレンズの評判が良いのは知っていましたが、これなら一眼レフを持ち出さなくてもいいのではないか、というくらいの出来のよさ。白のボディはチープな雰囲気をただよわせながらチープすぎもせず、絶妙の所有満足も醸し出してくれます。
 というわけで、こういうカメラになると妙にアクセサリーに凝りたくもなり、といってもあまり凝りすぎるとチープ感を阻害するということで、純正の本革ハンドストラップをつけてみたりしておりますが、次はどういうアクセサリーをつけようか、そういう楽しみが盛り上がってくるカメラです。

 初期投資は安いものの、結構金食い虫になりそうですね。すでにレンズは標準ズームじゃないものがついているし(笑

Pb190002_2


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2011

5台目のEOS Kiss Digital

 なぜか先月末からカメラ熱が再燃する中、新しいEOS Kiss Digitalがやってきました。X4です。

 我が家のEOS Kiss Digitalは初代、RebelXT(KissN)、KissX、KissX3ときてこれで5台目です。

 何も今、急いでKissを変える必要はなかったのですが、価格の動きをみていると、X4はそろそろ底値(そりゃそうだ、後継機のX5が出て半年経つわけだし)。市場からも消えそうだし、ラストチャンスかなと思い、いつものように池袋の2大量販店に競わしてみるとポイント込ですが価格コムよりずっと安い金額が提示されたので、そのまま買って参りました。

Pb060013

 といっても、このKissX4、先代のKissX3と比べて何が違うというわけではありません。液晶のアスペクト比が変わったとか、画素が1500万から1800万に増えたとか、高感度のノイズが若干低下したとか、普通なら買い替えるまでもない変更です。そういう意味では、ちょっと無意味な投資。
 ただ、七五三の写真をX3で撮ってみて、ライブビュー時のAFがシャッターボタンでは効かなかったり、Eye-Fiの動作状況がいまいちよくわからなかったり、ストレスが溜まっていました。そして出てきた絵もやっぱり好きになりきれない。つまりは、そもそもX3の画質にいまいち納得がいってなかったというのが入れ替えの最大の理由です。

 今どきのデジカメの画像をピクセル等倍で見ることは無意味、という議論はわかるのですが、やはり初代やRebelXTの頃、600万とか800万とかいった画素数の頃の絵作りにほれ込んだ世代からすると、KissX以降の高画素モデルにあまり感動はありません。どうせ気に入ってないなら、前の機種を売りとばしても後悔はしない。それよりも新しいモデルの細かな使い勝手の違いの方が重要になってくるだろう、というとても後ろ向きな買い替えです。

 とはいうものの、期待はあります。X4からの1800万画素のイメージセンサー、同じものではないと言われますが、7Dや60Dとほぼ同じような絵という話があります。これまたモデル末期なのか値下がりしている7Dを買うべきか否か、X4の絵作りを見れば判断がつくんじゃないか、という下心もあったりします。

 というわけで昨日からうちの子になったX4、代わりにX3君は2年弱でドナドナとあいなりました。まだX4は便利ズームをつけて室内で数ショット撮っただけなので実力はわからないのですが、お天気が良くなれば、EF24-105mm F4Lあたりをつけて、その実力と私との相性を見てみようと思います。
 もっとも、ちびっと見た限りではX3と大差ないのですがww

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | December 2011 »