« LifeTouch NOTEを買ってみる | Main | iPhone4を買う、iPhone5が来月出るにも関わらず »

September 14, 2011

LifeTouch NOTE 3Gモデル という選択

 というわけで、前回のお話の続き。
 舌の根の乾かぬうちに、というのはまさにこのことで、LifeTouchNOTEの3Gモデルを買ってきました。まぁ、理屈はいろいろありますが、1か月越しの懸案だったことは確かなので。
 理由はいくつかりますが、やはり、この機種の良さを生かすにはWiFiルーターなどを持たずに気軽に鞄に放り込むことができる、ということが大事だということでしょうか。とりあえずはU300で行きますが、イオンSIMなどでも2chやtwitterには十分でしょうから、そういう「モバイルPCのサブのサブ」みたいな用途にはうまくはまり込むのではないかと。
 それと通販ではなく店頭では(決しておしゃれとは言えないんだけど)、割としっかりしたケースもおまけに暮れるということも背中を押しました。何せ148のブラックモデル。めちゃめちゃ傷つきそうな光沢ありの筐体ですからねぇ。
 というわけで余るWiFiモデル。どう処遇するか考えましたが、オフィスで別の形で活用しようかと。というわけで、なんとLifeTouch NOTE2台体制ですwww

 さて、それだけでならどうでもいいのですが、この3Gモデル、触ってみて最初に感じたのが「ベコベコやん」
 そうキーボードが明らかに最初に買ったモデルよりもベコベコ。キーボードそのものがしっかり固定されておらずキー入力のたびにべこべこたわむ。もう、ストレス感じまくり、という状態。最初、充電器をつないだときに電源が入らなかったこともあって、初期不良で交換要求しようかなんてことも頭をよぎったのですが、面倒だなぁと思いつつ筐体を思い切ってひねってみたり押さえてみたり。そうするとキーボードは相変わらずたわむのですが、我慢できるレベルまで改善されました。
 まぁ、そうすると、普通に電源は入っているし、交換を要求するような理屈は立たないわけで、いそいそと環境設定を続けることにしました。
 これで学んだのは、LifeTouch NOTEの評判の悪さには、個体差も随分と影響しているであろうこと。確かに、今回あとから入手したモデルを最初から手にしていれば、販売店に怒鳴り込みたくなるようなキータッチであることは確かです。普通の人は筐体をひねったりしないでしょうしw、私だって6万とか7万払っていればそんなことはしなかったでしょう。これじゃぁ、悪い評判が立っても仕方ないですね。

 工作精度の低さと、コストダウンによる不十分なインターフェース、返す返すも不幸な機種ではあります。

 とはいうものの、ケースも入手できたし、U300での通信も(アップデートしたのでアンテナピクトも)確認できましたし、そして、テザリングもきちんと動作しました。というわけで、サブのサブしてこれから使っていきましょう。
 リストラはSH-10Bあたりかなぁ。。色も似てるし。

|

« LifeTouch NOTEを買ってみる | Main | iPhone4を買う、iPhone5が来月出るにも関わらず »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/52729941

Listed below are links to weblogs that reference LifeTouch NOTE 3Gモデル という選択:

« LifeTouch NOTEを買ってみる | Main | iPhone4を買う、iPhone5が来月出るにも関わらず »