« ThinkPad X200s 最強化計画その2 | Main | LifeTouch NOTEを買ってみる »

July 28, 2011

MacBookAir はやはり11インチが良いかもしれない件

 お待ちかねのMacBookAirの新型が出ました。出る出るといいながら6月から1ヶ月引っ張られ、出てきたAirは意外と平凡。筐体はそのままにSandyBridgeになっただけで、後はせいぜいキーボードが光るくらい。バッテリ駆動時間に大きな変化はありませんし、メモリも4Gまでしか搭載できない。TB対応が大きな変化ですが、とりあえず当面私にはこれも関係なさそう。
 それよりも情報として気になったのが、新型が出ることで旧型が処分されているということ。確かにヤマダの池袋総本店あたりで、以前からAirが安売りになっていましたが、ネットを見ると一番安い2Gの64G SSDモデルだと498での処分もあったとか。
 以前使用環境にあわないという理由で売り飛ばしてしまった11インチAirですが、この値段ならネットブックのようなもので、だったら1台欲しいと、遅ればせながら数件ヤマダを歩いてみましたが、残念ながらこの値段には出会えず。もう少し高ければ旧型の在庫があった店もあるのですが、5万円を切るからこそ、2GメモリやJISキーボードに我慢が出来る訳で、6万とか7万なら、素直にAppleStreでBTOする訳です。
 そんな訳で不完全燃焼になりながら自宅に帰り、遅ればせながらLionのインストールをしてみました。

 結構気になっていたLionですが、リリース直前のこの記事を見てから、どうも懐疑的になっていたので、インストールもそのうちすればいいやぁ、ということでほったらかしていたのですが、特売11インチAirも買えなかったことだし、まぁ、入れてみるか、ということで。

 で、入れてみた訳ですが、確かに、熟れていないのかなぁ、という気はするのですが、いや、でも、これいいんじゃないでしょうか? ナチュラルに思えないスクロール方向とか、いったい指は何本使えば委員だとか、全然直感的ではない(iOS的ではない)インターフェースではあるものの、全画面でアプリをさくさくと切り替えていく感覚は、これまでのOSには無かった新しい体験。少し未来を感じます。
 そういう全画面前提のインターフェースに慣れていくと、実は11インチAirにこそ、このLionは向いているのではないかと思えてきました。13インチのAirは正直、スノレパベースでこせこせウィンドウを開きながら使ってもぎりぎり我慢が出来る解像度と画面の大きさです。でも、11インチのAirは以前も書きましたが、どう考えても画面を覗き込んでいるような窮屈さに苛まれていた訳です。しかし、これが全画面前提となれば、逆に13インチのAirの画面の若干の間延び感(Mailとか思わず、右が空いているぉ、と突っ込みたくなる)がなくなり、とても利用しやすいインターフェースになるかも。

 そうなると、中途半端な2GメモリやJISキーボードに妥協すること無く、素直にSandyの11インチAirの竹あたりをUSキーボードにBTOして買った方がいいかも、という気もしてきました。

 幸か不幸か、夏休み少し東京を離れるので、今すぐポチることはなく、冷却期間があるのですが、すこぉし危険な兆候です。安いとはいえ10万ですからねぇ。いいのかなぁ、バッテリも持たないのに。

Imag0003


|

« ThinkPad X200s 最強化計画その2 | Main | LifeTouch NOTEを買ってみる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/52330538

Listed below are links to weblogs that reference MacBookAir はやはり11インチが良いかもしれない件:

« ThinkPad X200s 最強化計画その2 | Main | LifeTouch NOTEを買ってみる »