« RD-X10 X8 X6 偶数型番ばかり | Main | 18.5インチと21.5インチの違い »

May 16, 2011

Appleにまみれる

Ipad2


 おそらく、Appleの信者に分類される人ではありますが、Appleのことを好きではありません。
 でも、本日予約していたiPad2が届きました。16Gのwifi、わかりやすく言えば「梅」です。

 iPadはとても素晴らしいデバイスだと思うのですが、モバイル環境で使うものではないと思っています。では、自宅のリビングで使うとすれば、3Gは必要なのか、64Gのストレージが必要なのかといえば、当然必要ありません。畢竟、梅がベストバイということになります。

 本来であれば、4月中に手に入れていたはずが紆余曲折あって、5月中旬、でも、結果として初代のiPadからちょうど1年という時期にiPad2を手に入れることになりました。

 巷間のレビューでいわれるほどの重さの違いは感じず、薄さに関しては若干の差を感じ、でも平面になった裏面が返ってテーブルの上に置いたときの自由度を阻害したような気がして、フォームファクタ的にはそんなに感心はしていません。それよりも、速度に対する違いが、大きな変化として感じられます。

 一つ一つの動きが速くなった、という素直な感想。iPhoneの3Gが3GSになった時よりも速さを感じます。それと、メモリ増強の効果が絶大。レビューにもあるように、ウィインドウを5つ6つ開いていても、スイッチしたときにリロードが発生しなくなりました。ただ、これは痛し痒しで、ウィンドウのスイッチをすれば自動的にリロードされた最新の情報が得られていて今までの仕様が必ずしも問題だったかと言えば、そうでもないような気もしたりします。

 そうしたiPad2の純粋な使い勝手より、改めて感心したのがiPadから iPad2への移行の簡単さ。旧デバイスのバックアップから復旧すれば、さっきまで見ていたサイトの場所まで復元されてしまうこの移行の簡単さは、Macの移行アシスタント以上で恐ろしいばかり。その違和感の無さは、新機種を使う喜びすら感じさせないくらいの諸刃の剣。
 そして、iTunesサーバやAppleTVとの連携のスムーズさは、人生をすべてAppleに任せておけば快適なのではなかろうかという幻想すら改めて思い起こさせます。

 人は純粋なるApple信者であれば良くて、思想の自由や、コンピュータの環境を自分の都合に合わせて100%管理できる自由を、決して保証してくれないAppleではありますが、こういう見事な連携を見せられると、時々、もうAppleの軍門に下って、(コンピュータ環境に関しては)何も考えずに生きていくのも幸せなのではなかろうかと、思ったりもするのです。


|

« RD-X10 X8 X6 偶数型番ばかり | Main | 18.5インチと21.5インチの違い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/51682353

Listed below are links to weblogs that reference Appleにまみれる:

« RD-X10 X8 X6 偶数型番ばかり | Main | 18.5インチと21.5インチの違い »