« さよなら、IDEOS 嫌いじゃなかったんだけどね | Main | AirMacExpressが繋がらない »

January 13, 2011

MacBookAir は 13インチに限る件

 例によって言うことがころころかわります。私の人生こんなもの。

Macbookair

 13インチのAirを1/2の初売りで買いました。というか、13インチに買い替えました。愛されなかった11.6インチ、ごめんなさい。でも、早めに気づいてよかったじゃないか。いつかはわかれる運命。僕たちは最初から何かボタンを掛け違えてたんだよ。その場の盛り上がりだけを信じちゃいけないってこと。

 11.6インチは届いて、箱を開けたときから何かが違いました。例の「ようこそ」の画面を見ているときから少し違いました。そして、使い始めてみても違いました。
 それは、「何か覗き見をしているような感覚」

 狭い覗き穴からOSXの世界を覗き見しているような、妙な圧迫感。それが11.6インチに慣れなかった最大の理由です。

 11.6インチの16:9のディスプレイにはGatewayのEC1400で慣れています。こちらはかなり好印象です。acerのas1410を手放したものの、デュアルコアで、BTがあって、バッテリ容量が大きくて赤いEC1400をわざわざ探してまで買ったのにはそれなりに理由があります。

 でも、それがMacだとだめだったんですね。

 iPadのような軽快感がない割に、CULVノートのようなおもちゃっぽさの印象が勝ってしまった11.6インチは私にとってはかなり相性の悪い相手でした。

 おそらく、これMacをあくまでメインにしたモバイル環境を求めている時代だったらまったく違う感想を抱いたことと思います。ただ、私のモバイル環境は基本vaio pであり、DynaBookSSRX2であり、Macのモバイル環境にはこれらとは違う、圧倒的な「Macとしての使いやすさ」が必要だった訳です。

 そのためには、13インチのWXGA+という環境は必須だったんでしょうね。11.6インチはやっぱり中途半端すぎた。

 ってことで、1.86GHzで4Gメモリ128GSSD、USキーボードのAirは、かなり好印象です。バッテリも、今日は何となく1日保ちました。おそらく実働5時間は超えたかな。

 何より8インチのvaio、12インチのDynaBook、13インチのAirと、環境がキレイに住み分けられたのが精神的にここちよいわん。


|

« さよなら、IDEOS 嫌いじゃなかったんだけどね | Main | AirMacExpressが繋がらない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/50576623

Listed below are links to weblogs that reference MacBookAir は 13インチに限る件:

« さよなら、IDEOS 嫌いじゃなかったんだけどね | Main | AirMacExpressが繋がらない »