« 32A1か、32R1か、32A950Sか、はたまた | Main | REGZA 32R1 は買ったものの »

October 21, 2010

だめだぁぁぁ、MacBookAir

 今日は朝も早くからお仕事の日。馬鹿にされるかもしれませんが6時に目覚ましをかけます。私にしては早いのです。7時前には家を出て、7時11分の特急に。
 当然のことながら、そんな朝を迎えるのに、深夜2時からの発表を待っている余裕はありません。爆寸を待つスレを横目に観つつ12時に就寝。

 予定では、7時11分発の特急の中で、11.6inchの新型MacBookAirをポチる予定でした。もう、値段とか、スペックとかあんまり考えてなくて、11.6inchのAirが4Gメモリ搭載で出ていたら、そのまま何も考えずポチる予定だったのです。Macの場合USキーボードでないとだめな私には量販店での購入という選択肢はありません。せっかく使えるアカデミックプライス。素直に活用させてもらおうじゃないですか。

 6時に目覚ましで目が覚めて、枕もとのEeePCT91MTでAppleのサイトを見てみます。はい。もう新型Airが発表になっています。でも、あ、13inchも結局出たんだ。

 前日、前々日のリーク情報あたりから、実は11.6inchと13inchの両方が出る、という話は目にしていました。ですから、意外ではなかったんですが、本当だったんだぁ、というのが正直なところ。

 とっととシャワーを浴びて出発しなければいけないのに、スペックをしげしげ確認すると。え、11.6inchの8万円台ってSSDは64Gなの? なんだ結局11.6inchってCore2DuoのSUシリーズじゃん。11.6inchのSSDを128Gにすると2万円高? 13inchの下位モデルと変わらないジャン。しかも13inchは下位モデルでも1.87GHz。ってことはSLシリーズ。キャッシュ倍じゃん。SDカードは刺さるし、なんと1440*900ぅぅぅぅぅぅ? バッテリは5時間対7時間ってことは、4割り増し。しかもサイズは、幅も奥行きも2.5cmしか変わらないじゃない。

 というわけで、完全に朝のしおさいでポチる案は却下。11.6inchなのか13inchなのか。実物を見てから悩むことにします。でも気分はもう13inch。だってコストパフォーマンスが違いすぎます。16:10のWXGA+。以前、Inspiron640mのWXGA+モデルを使っていたからわかります。これ使うと、普通のWXGAが急に狭く感じます。Core2Duoの1.4GHz? それって結局CULVのSU9400のことでしょ。BTOでもSU9600。パワーがないのは十分知ってます。正直、SU9400なんて、SU2300とそんなに体感に差を感じることはなし。SLで2.13GHzとかになれば、P8400とかと太刀打ちできることを、x200tで体感している私からすれば、この状況であえて11.6inchを買うのはよっぽどの小さいMacフェチか、物珍しさだけに惹かれる、まぁ考えの浅い奴しかいなな、と感じておりました。

 というわけで職場を夜の20時半ごろ出ました。本当はAppleStoreに行って実物を見て、なんならそこで発注を済ませたいと思っていました。でも思いのほかオフィスを出るのが遅くて。とりあえず今日は帰宅。もし帰り道の池袋で、実物が見れればラッキーだなぁ、と思いつつ。
 ヤマダの日本総本店には何もなし。旧型がバーゲンですが、まぁ、あえて買う意味はないですね。ビックのパソコン館。1Fで新型Airについて叫んでる。素直に5Fに行ってみると、シレっとありましたよ、新型Air。
 って言っても、本当はよくわからなかったんです。旧型なのか新型なのか。でも縁取りの雰囲気が新型ぽかったし、USBが2個あるみたいだし、多分新型。システムの詳細を見てグラフィックチップを見て、やっぱり新型だと思ったところで、やっとトラックパッドに独立したボタンがないことに気づきました。
 新型13inchは好印象でした。ついこないだまで持っていたMacBookLate2008の感覚とまったく違和感がありません。変わったのは薄く軽くなっただけ。(そりゃそうです、フットプリントはまったく一緒なんだし) キーボードの打鍵感すら違和感なし。すごいなぁ、と思いつつ、1440*900って案外感激しないものね、とちょっと残念に思いつつ、持ち上げてみて、意外に重さを感じるのはやっぱり素材のせいかなぁ、と。

 で、ついでに見てみましょうと、11.6inchの展示のほうに言ってみました。

 昔松田聖子が、ビビッって言ったのはこれのことだったのね。何これ。小さい。固まり。持ち上げてみて、軽い。羽根みたい。閉じてみて、何これ、小さい。これじゃぁiPadと変わらないじゃん。

 触ってみると確かにMac。トラックパッドの操作感は、MacBookと変わらず。速度もキビキビ。えぇ、これで64G?2G?1.4G?。Air開発のビデオを表示してその高精細感に、もうごめんなさい。

 これは駄目です。ごめんなさい。もう何も言いません。涎たらしていいですか?

 とにかく、駄目なんです。駄目って言葉以外説明にしようがありません。惚れたという言葉はこういう時に使うべきです。家にあるPCのディスプレイサイズのバランスなんて、もうどうだっていいんです。とにかく、すぐに欲しい。

 なんと在庫があった池袋ビックカメラさんですが、さすがに日本語キーボードは嫌よん、という理性のある私は即お持ち帰りはしませんでしたが、このインパクトには、そうした危うささえ感じさせるものがありました。

 というわけで、今は別の迷いでいつポチるべきか考えています。64GSSDモデルでカジュアルに楽しむべきか、どうせなら128GSSDに、4Gメモリ、1.6GHzで妥協せずにいくか。答えはおそらく、明日には出すことになるでしょうww

|

« 32A1か、32R1か、32A950Sか、はたまた | Main | REGZA 32R1 は買ったものの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/49808011

Listed below are links to weblogs that reference だめだぁぁぁ、MacBookAir:

« 32A1か、32R1か、32A950Sか、はたまた | Main | REGZA 32R1 は買ったものの »