« メインノートを買い換えるべきか | Main | わが愛しの DynaBook SS RX2 »

June 20, 2010

VAIO TypeP と 老眼?

我が家のVAIO TypePは、発売と同時にソニースタイルで先行予約を入れたカスタマイズモデル。Atom機なのに、13万円くらい払って買った超高級パソコンです。新品購入のパソコンとしてこれより高いのはこないだ買った27インチのiMacくらいなものです。

VAIOの意欲的な新製品に飛びついていしまう、それもいわゆるウルトラモバイルものに飛びついてしまうのは、C1やU101等過去にも経験済み。そういうものと比較すればそんなに高い買い物ではなかったのですが、総体的にPCの価格破壊が進んだ今となっては、かなりの高級品です。

当然、そういう機種だけに使い倒して元を取らなければいけない、特にその後の不人気のせいか市場での価格は下落する一方でオクに出したところで、二束三文。もったいないから、使うことできちんと償却するしかない。

そもそも、このTypeP。ほかにはない美点は確かにあるわけです。A4の半分以下のフットプリントは非常に持ち運びに苦にならず、しかしフルサイズに近いキーボードはミニノートを使っているという圧迫感はなし。タッチさえ気にしなければこれで原稿を書いても全然問題なし。

そう、そういう意味ではWindowsの動くモバイルギアな訳で、モバギを数世代持っていた私には便利な道具としての位置づけはよいのですが。

困ったのは液晶。

そう、細かすぎる液晶。

DPIをいじってみても125%がせいぜい。それ以上だと画面のバランスが崩れすぎて返って使いにくい。でも125%で文字を大きめにいじっても、きちんと背筋を伸ばして、ちゃんとタイピングする姿勢になるとやっぱり字が読めない。いや、読もうと努力しているとイライラしてきて、画面を見るのが苦痛になってきてしまいます。

あまり高精細な液晶で作業をしているとこういうイライラが起こってしまうのは昨日今日ではなく、一時期メインノートの入れ替えの時期に、カシオペアFIVAの102を作業の中心にしていたときに同じことを感じていました。結構致命的な話です。集中できなくなるわけですから。

しかも、動作速度の改善のためにXP化を施して以降は、操作は警戒になったもののDPIの調整が微妙になり、さらに画面の細かさ問題は悪化。このままだと、もう手放すしかないかなぁ、と思っており、後継には、バッテリ駆動時間が延びて、液晶横にポインティングデバイスがついて、魅力的になった(でも、デザインが安っぽくなって道具としての魅力は減少した)新型TypePにしようかな、と思っていたのですが。

そういえば新型TypePには解像度一発切り替えボタンがついています。そういえばこういうボタン、VAIO U101にもついていました。正直、ネイティブな解像度じゃないとぼやっとした画面になるのが嫌でそうそう使うことはなかったのですが、でも緊急時には役立っていたことを思い出します。

現状のTypePにも、つかいもしないボタンがキーボードの手前に2つついています。というか、うっかり触って訳わかんないソフトが立ち上がったり、ウィンドウサイズが変わって、うっとおしいなぁ、と思っていたボタンが。

で、ネットを見て、旧型のTypePでもこれを解像度切り替えボタンに使っている事例をいくつか見つけ、それらの情報を元に、1600*768と1052*600を一発で切り替えられるようにすると

なんて快適

もともとが高精細すぎるので、ネイティブ解像度じゃなくても、そのぼやっと感はかなり軽減されています。それよりも、普通の姿勢での見易さが段違い。イライラも起こりません。画面の高さが足りない感は強いですが、やっぱりストレスなく作業できることのほうが重要。

ということで、仕事に行くときの持ち歩きマシンとして、TypePを選択する機会が増えました。ふだんはDynaBookSS RX2で、十分軽いマシンですが、TypePのフットプリントの小ささは別な大きな魅力な訳で使い分けに十分説得力が出てきました。

決して私、老眼ではないつもりなのですが、この状況。そもそもVAIO TypePというプロダクトの考え方に、実は大きなミスがあったのではないかと感じる、液晶解像度問題だったのでした。

|

« メインノートを買い換えるべきか | Main | わが愛しの DynaBook SS RX2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/48674079

Listed below are links to weblogs that reference VAIO TypeP と 老眼?:

« メインノートを買い換えるべきか | Main | わが愛しの DynaBook SS RX2 »