« VAIO TypeP と 老眼? | Main | ThinkPad T510 + iMac 27inch +ターゲットディスプレイモード = 最強 »

June 22, 2010

わが愛しの DynaBook SS RX2

 昨日、東芝の新製品の発表があり、DynaBook RX3が発表になりました。

 そう、キーボードを除くフォルムはSS RX2と同じようなのに、実は13インチという、これまでのSS RX2ユーザーとしては興味が持てない機種です。

 モバイルノートは小さければ小さいに越したことはないのですが、実際に作業をすることを考えればある程度のサイズは必要。でも、フットプリントが大きすぎると鞄で邪魔になるし、何よりも重いのは完全。そう考えた時に、12インチワイドで2スピンドルなのにほぼ1kgのDynaBook SS RX2はもう、モバイルのお手本のようなノートパソコンです。

 実際、私が通勤の時に持ち出すモバイルノートはSS RX2とVAIO TypePですが、6:4くらいの割合でSS RX2を持ち出します。これが出張となれば、原則SS RX2で、長期の出張(というか短期移住)の時にはさすがに15インチをえっちらおっちら担ぎ出しますが、基本的に「お外」担当はSS RX2なわけです。

 おかげで、鞄等を購入する時も、SS RX2が入るかどうか、というのが一つの目安。地味ですが、私にとってはかなり大事な「道具」です。

 そのSS RX2に後継機種が出ないことがはっきりしました。

 ちょっと、困りました。

 このSS RX2。不満点はいくつかあって、カタログスペックよりはるかにもたないバッテリや、イマイチ足りないプロセッサパワー、そして直販モデルならあるけど普通に買うとついていない内蔵bluetooth等、いつか、これらの問題点を改善したSS RX2後継を買うつもりでしたが、もう出そうにないことが明らかに。

 特に、半透過型液晶に関しては生産がもうされていないみたいで、この機種をお庭でのお仕事(ネット?w)のお供として使うことも多い私としてはかなりダメージがでかい。

 そうすると、むくむくと「最後のSS RX2を買わなければいけないのではないか」という思いがわいてきます。

 とりえあず、まだ、直販でSS RX2は買えます。これを買っちゃえば、プロセッサは1.2GHzから1.4GHzに「一応」パワーアップしますし、オンボードメモリは2Gになって、最終的なMAXは6Gも視野に入ります。そして何より内蔵bluetooth。おまけに512Gもの信じられないSSDがついてきます。そして、今後も使い続けるうえで魅力的な3年保証。

 しかし、価格は21万円。どう考えてもノートパソコンの値段ではありません。CULVノートなら4台買えますw。しかもこないだThinkPadT510FHD買ったばかり。届いてもいないし。

 でも、今後、この完成度のモバイルノートがはたして出てくるか。少なくともこれから1年、2年のスパンで、と考えると買ってしまってもいいんじゃないか、と思いつつ。クロックの差もBTの差も些細なのに、何故20万円も出して買い替えるんだと考えると、当然のことですが踏ん切りは尽きません。

 愛すべき機種ゆえの悩みと言うべきでしょうか。

|

« VAIO TypeP と 老眼? | Main | ThinkPad T510 + iMac 27inch +ターゲットディスプレイモード = 最強 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/48695769

Listed below are links to weblogs that reference わが愛しの DynaBook SS RX2:

« VAIO TypeP と 老眼? | Main | ThinkPad T510 + iMac 27inch +ターゲットディスプレイモード = 最強 »