« March 2010 | Main | May 2010 »

April 18, 2010

iPad 転送業者のアドレスはキャンセル

というわけで、2回目のキャンセルメールが参りました。もう、転送業者のアドレスは使えないんですね。

実は考えがありまして、ちまたではAppleは転送業者のアドレスを撥ねている、と書かれていたのですが、それが本当か?と疑問があったんですね。
というのは、私が使っている業者は、数字のアカウントが設定され、その数字が部屋番号になるような形の住所が発行されるのです。つまり、アパートに住んでいるのと同じような住所になる訳です。

じゃぁ、Appleは転送業者の住所と、普通のアパートの住所をどうやって区別しているのだろう、という疑問がわきました。もちろん、一つ一つの転送業者の住所を把握していれば別ですが、全米にたくさんあるであろう転送業者の住所をきちんと細かく把握できるのか? そんな面倒なことより、もっと簡単な方法でチェックをしているのではないか、という疑問をいだいた訳です。

そこで思いついたのが、電話番号でのチェック。そうたいていの場合、転送業者はユーザー一人一人に個別の住所を与えても、電話番号まで個別にふるわけにはいきません。畢竟、転送業者を使う人たちは、シッピングアドレスの電話番号欄には同じ番号を入れることになる。実は電話番号でチェックしているのではないかと。

この仮説に基づいて、最新の発注では、電話番号欄に私個人の番号(USに居た頃に取得したプリペイドで、まだチャージが生きている)を入れてみました。仮説が正しければ、私の番号での注文は初めてですから、キャンセルされないに違いない。をぉ、これを思いついた私は、日本のiPad難民を救う救世主になるぞ、と密かに期待していたのですが。

今朝早く、(まだ2回目ですが)おなじみのキャンセルメールが届きました。例の、私には公平な機会はない、っていうメールです。

そうですが、さすがですね。私が甘かったです。Apple様ほどの会社になると、きちんと転送業者の住所を把握していらっしゃるのですね。浅はかでした私。

というわけで、某先生。メールを出しましたので、よろしくお願いいたします。。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 16, 2010

iPad はキャンセル 一方的だぜぃ

 というわけで、本日朝、オーダーステータスを見たら、iPad本体はキャンセルされておりましたw

 もう笑い事です、ちなみにDockの方は今、アンカレッジにあるそうです。

 なんか、怒りもなければ、ガッカリ感もなし。あらそうですか、って感じ。

 理由は、なんでも購入機会を公平に与えるために一人当たりの購入台数を制限しているんですって。そうですか、私はこれが1台目なんですけどね。私には公平な購入機会は与えられないんですね。

 2chやらtwitterの様子から見ると、どうも転送業者の住所を撥ねているみたい。今、私が使っているところは結構安くて人気がありそうなので、もうたくさんの転送実績があるんでしょう。で、その住所を届け先にしているオーダーはキャンセルになると。他にもたくさんの方が同じような目に遭ってるようです。

 さて、どうしましょうか。とりあえずはもう一度だけ、挑戦してみたいと思います。若干考えもあるので。でも、もう一度キャンセルされたら、転送はあきらめますか。某先生にすがるしかないかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2010

iPad をUSのアップルストアから個人輸入する

 というわけで、某先生にまでお気遣いいただいたiPad延期ショックの続き。。。

 昨日の夜は調べました。そしてグアムにAppleStoreがないことを再確認しました。そして、HISのサイトで、ホノルルまでとサンフランシスコまでの飛行機代をチェックしました。で、ホノルルの方がこの時期、安かったので空席等を検索してみました。
 が、どう考えても連続3日しか日本を空けられない。格安航空券だと2泊4日とかの制限がついていて、ホノルルについた翌日の飛行機で帰ってくる、というパターンは難しいということがわかりました。
 おかげさまで、アメリカiPad買い出しツアーは中止です。

 で、お風呂に入ったのですが、なんともムカムカが収まらず。長風呂をするつもりが15分程で出て、おもむろにUSのAppleStoreのサイトにアクセス。

 そう、実はUSのAppleStoreのサイトから日本のクレジットカードでも買えたって話を2chかどこかで見てたんですよね。
 昨年のUS滞在時に、帰国後にどうしてもアメリカの通販を利用したいときにと思って転送サービスをやっている業者をいくつかリストアップしていて、住所も確保していたのでした。ただ、今まで使う機会がなかっただけ。こういう時に使わないでいつ使うんだと。

 さすがにここで在庫状況が未定とかだったら躊躇するのですが、iPad本体はどの容量のものも5〜7日という表示。まぁ、うまくすれば1週間、駄目でも2週間以内にはシッピングされる。もう、ここは勢いしかないでしょう。
 ということで、必須のDockとともにポチりました。税リサイクル料込みで$587.49也。さすがカリフォルニア、税金高いぜ。

 でもってビリングアドレスですが、日本のアドレスは入りません。なんかわからないままに無理矢理入れてみて、進めてしまいました。ここまでが昨夜のこと。

 今朝、メールを見たらAppleから妙に表題を強調したメール。開けてみると、オメーのカード承認おりなかったから、承認とれるようにするか、別のカード使うか、別の支払いに変えろ、そうじゃないとキャンセルだぜぃ、というお知らせメール。まぁ予想の範囲内。この時使っていたのはVISAだったのですが、以前もJ&Rでなかなか簡単に承認が下りなかったりしたので、こんなときの保険のAMEX。カード情報をAMEXのものにオンラインで修正したら、あっけなく受注されてしまいました。

 まだ、この時点では「後でやっぱり駄目だった」って連絡くるかなぁ(過去に経験あるので)、と半信半疑でしたが、夕方になると発送のお知らせメール。をいをい、マジかよ、在庫あるじゃん、すごいじゃん、あの品薄のiPadが即日発送とはラッキーじゃん、と中身を見てみたら、iPad Dockだけ発送したという通知でした。。。

 ま、ともあれ、Dockだけとはいえ発送したってことは、決済は無事に済んだということな訳で、後は、ひたすら待つだけ。問題はシッピングがどれだけ前倒ししてもらえるかってところですね。希望としてはなんとかGW前に届いてくれないか、と思ってるんですが。そのためには、この数日中に出荷されないと無理かなぁ。

 ところで、私のiPad Dock、トラッキングナンバーがあったので見てみると、今、香港にいらっしゃるようです。をいをい、ということは、一度太平洋を渡ってカリフォルニアに行き、そこからまた太平洋を渡って日本にやってくるのかい。
 何となく、GWには間に合わないような気がしてきました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 14, 2010

そりゃあんまりだろう>iPad 延期

 許せない決断ですな>iPadの米国外での出荷延期

 まぁ、単純に失望です。そりゃ、アメリカの会社ですからね、アメリカが大事ですよね。そりゃそうなんでしょうね。アジアの縁の、基地の問題でもめている島国のユーザーのことなんてどうでもいいんでしょうね。

 別にここで愚痴っても仕方ないんですけどね。でも、この20年間、いくらお布施してきましたか。このブログだって、お布施でいただいたMacBookで打ってるんですよ。延期の第一報を見たのは、やっぱりお布施の成果であるiPhone上です。

 そりゃね、長いことつきあってますから、この会社の顧客対応にムラがあるとか、基本的に唯我独尊で腹立たしいジャイアニズムな会社だってことも知ってますよ。知ってるけれど、20年、お布施してきたんです。

 なのに。この仕打ち。

 米国で499ドルで売っていたものを、日本で69,800円で売ることにしましたってアナウンスだったら、怒りを感じたもののまだ許せたでしょう。でもこの期に及んで1ヶ月待てというのはあんまりにもあんまりです。私の残りの人生、長く見積もっても30年ってところでしょう。20年でもそう不思議ではありません。ってことは、人生の1/240を、iPadを待つことに費やせ、ということに他ならない訳です。

 そもそも、アメリカでは3月下旬に出荷するはずじゃなかったんですか。あたしゃ3/27までアメリカに居たんですよ。それを1週間ずらして。せっかくのチャンスを不意にして。そんでもって、日本では5月末まで出さないなんて、ふざけんなぁぁぁぁ。

 なんか、意地でも手に入れてやるという気持ちがフツフツと湧いてきます。グアムにAppleStoreはないのか、ハワイのAppleStoreにストックはあるのか。最悪またサンフランシスコに行かなければいけないのか。もう頭わやくちゃです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 13, 2010

H31IA と H11T の比較

H31IA導入から1か月弱。そろそろ比較をきちんとまとめようかなぁ、と思っていたのですが、仕事に忙しく、きちんとした比較レビューみたいなことができていません。
というわけで、日常ユース感想から。

バッテリ
H31IAの勝ち。1時間くらいBTモデムとして運用した後のバッテリの残量の印象はH31IAの方が上です。もちろん、正確に比較したわけではないのですが、H31IAの方が余裕があるかな。もっとも、まだバッテリ切れが起こる程追い込んで使っていないのですが。

サイズ
引き分け。スペックではH31IAの方が上ですが、持った感じは同じようなものです。機能が少ない分、H11Tの方がお得にも感じます。

充電
H11Tの勝ち。何より充電台があること。普通のFOMAの充電器が使えること。H31IAのマイクロUSB端子は、抜き差しするときのひっかかりがあるので、壊しそうで心配。

速度
たぶんH31IAの勝ち。たぶん、と書いているのは、正直、あまり実感がないからなんですね。特に普段SS RX2で運用していて、こいつのBTがちょっと特殊(PCカードタイプ)で、どのレベルでつながっているか定かでないのと、都内利用が多いのでもともとスループットが低く、実感できるほど速さを感じる機会がないからです。まぁ、speedtestかけて、1M出ていたことがあったので、それなりに速いんでしょうけど。USBではつないでないしな。

ネゴ
H11Tの勝ち。H31IA、何故か、ネットワークにコンピュータを登録しています、のダイアログで20秒くらい待たされます。ただ、これもSS RX2の問題なのか。他の機械をあまり使っていないのでわかりません。ただ、H11Tで運用していた時は、こんなに待たされなかったように思うので、若干気になっています。

端末単体での使い勝手
H11Tの勝ち。ワンセグがあるとかそういう話だけでなく、フルブラウザの奇妙な仕様や、イマイチなクリック感のキーボードなど、東芝の標準的ガラケーと比べると、やっぱり落ちる、というのが正直なところです。

というわけで、全体的にはH11Tの方が好ましいというか、望ましいというか。ただ、速度とバッテリというBTモデムによって非常に重要な点がスペックアップしているので、じゃぁH11Tに戻るかと言われれば、それはちょっと、という感じでもいます。もっとH31IAを好きになるためにも、きちんと速度比較とか、バッテリの比較とか(まぁ、こちらは2年近く使っているH11Tには酷な話か)をやらないと、納得ができなさそうですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 08, 2010

SC-01Bで遊ぶ

ようやく買いました、というか決断しました>SC-01B
結局、私にはガラケーは無理だったんです。魚は空を飛べません。
買って見て感じたことは違和感の少なさ。なんというか、ホームグラウンドに帰ってきた気分。そりゃそうです。WindowsCEのころから使ってる訳ですから。使ってる訳ですから。
と言うわけで何かと実験中。今はブログがこいつからうまく更新できるかどうか。流石に長文はきついかな。
ともあれチャレンジチャレンジ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »