« February 2010 | Main | April 2010 »

March 24, 2010

H31IAでat&t Go PhoneのSIM使えます

 っていうか、SIMフリーなんだから当然なんだけど

 というわけで、またアメリカです。今度は短期滞在。何事も早め早め。ということで、出国前日に入手したH31IAに、前回のハワイでゲットしていたGo PhoneのSIMをSFOについた瞬間に入れてみました。

EM Chipが見つかりません。

 あぁ、そうですか。そうですよね。このGo PhoneのSIMは、文句をたれながらRadio Shackで入手した、リテールパッケージ同梱のSIM。サムスンのA177とセットで売られてて30ドルのAirTimeがおまけについていたSIM。当然、A177でアクティベートして、これまでのネットの情報からするとすでにA177専用と化しているSIM。

 というわけで、(若干、本当にH31IAはSIMフリーなんだろうなぁ?)と悩みつつ、at&tのお店に行くことを決意。どうせ、ホテルはまだチェックインできないし、借りる予定のレンタカー屋は日曜でやってないし、ということで、ふらふらと荷物をかかえてサンフランシスコの街中へ。

 事前に調べてなかったのでat&tのお店がどこにあるかは定かではなく、でも昔、この辺で見たよなぁ、という頼りにならない記憶をたどってBARTをPowellで降りて街歩きがてらフラフラしてると、大通り沿いで発見。というわけで、早速、SIMの交換をお願いすることに。

 対応してくれたお姉さんは、最初チャージが切れたんだろう、という風に対応してくれたんですが、そうじゃない。チャージはしてあるし、期限も残ってる。キャリアに確認したアンロックしてある電話にSIMを刺したんだが認識しないんだ、ってことをつたない英語で訴える。お姉さん、不承不承、チェックしてみて、いやこの電話はロックされているよ、と。
 まぁ、そう言われるだろうな、と思って、いや、最近のGo PhoneのSIMはアンロックの電話で認識しないと日本人のブロガーが言っている。でも、SIMを交換すれば改善するってレポが出てるからやってくれと、これまたつたない英語で、でも強めにお願い。なんか思い当たる節があるようで、すぐに新しいSIMでチェックしてみようと言って、新しいSIMを持ってきてチェックしたところ、当然認識。
 そのあとは、データを移すから待ってろとしばし5分程度。無事にH31IAでGo PhoneのSIMが認識しました。3Gは捕まえられずGSMですが。
 御代はいるかと問えば、いらないということで、めでたく、A177に投資した90ドル弱が無駄にならず、H31IAで使えるようになりました。
 もっともこの段階では通話のみ。アクセスポイントの設定をしていないので、ネットはできず。ホテルにチェックイン後、アクセスポイントの情報をネットで調べて設定後、無事にネットにも繋がるようになりました。

 ただ、EM Netの公式サイトには繋がらず。でも2chやらGoogleやらには繋がりまして、これでUSのファーストフード店で一人さびしくご飯を食べる時も2chを読むことができます、というかやってますw。

 しかし、H31IAのフルブラウザはとても使いにくいというのが正直なところ。ポインターを十字キーで動かすのはそもそも変だし、ページ単位のスクロールにも対応していない。しかもイーモバ端末なのでモバイルサイトはことごとく撥ねられるし、使い勝手はよくありません。電話としてはいいけれど、通信端末として海外でバリバリ活用するには、素直にスマートフォンを使った方がよさそうですね。
 っていうか、iPhoneがそういう意味ではベストだよなぁ。香港版は高いよなぁ。

 iPhoneは高根の花なのでとりあえず置くとして、次にUSに来るときは最低限WindowsMobileの電話を持ってこようと決意するのでした。S21HTあたりかな、やっぱり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2010

つまづく、AirMacExpressとWindowsPC

というわけで、早速つまづきました。
5GHzはバッファローで、2.4GHzはAirMacExpressで、と切り分けてiPhone問題を解決したはずが、今度はWindowsPCから2.4GHzに繋がらない、という事態が生じてしまいました。
どのWindowsだとまずい、ということが特定できた訳ではないのですが、少なくとも、COMPAW CQ60-420USの日本語Window7環境では全く接続せず。
こいつの積んでいるatheros ar5007はかなり癖があるらしく、いろいろトラブルをもたらしているらしいのですが、とにかく繋がらない。ドライバはWindows7が標準で持っているのでそのまま当たっているのですが、そもそもアクセスポイントが見つけられないし、見つけても、繋がらない症状が止まりません。
ドライバの問題かしらと悩み、一応最新らしきドライバをhpのサイトから見つけ、更新しても全く改善せず。

だったら5Gで接続しようかという、後ろ向きの解決策も、残念ながらCQ60-420USのような廉価版PCには801.11a対応は期待すべくもなく、実現せず。八方ふさがりとなりました。

で、先人の知恵を一所懸命google先生にお尋ねすること15分。どうやら、AirMacExpressの無線チャンネルの設定を自動から、特定のチャンネルに固定することで改善が見られるらしいことが判明。ありがたく1チャンネルに固定したところ、何事もなかったように、CQ60から無線ネットワークが見られるようになりました。

問題は、我が家のコードレスフォンやら、近隣のご家庭の無線との干渉、そしてチャンネルを固定化したことによるiPhoneとの接続性の変化なのですが、現状では特に問題は生じていないようです。

まぁ、もう10年近く無線LANとはおつきあいしている訳ですが、相変わらず相性問題やら、諸々が生じるものですなぁ、とういうのを実感。

さて、このまま安定するのでしょうかねぇ。&、どうやらiPhone3GSを、Wi-Fiプランで契約させていただいたおかげで、新しい無線LANのアクセスポイントをソフトバンクから送ってもらえるらしいのですが(FONは嫌だなぁ、あまりコンセプトに賛成できないから)、それが届いたとき、活用しようと欲を出してまた不安定な環境に逆戻りしたりするのかなぁ、とか悩んだりしだすと、また今夜は眠れるんだけど、明日の朝から下らないことをに頭を悩ませる日々が続くのかもしれないと想像すると、眠れるんだけど、なんか気がかりという状況が続きそうで、なんか不安だったりします。(なんなんだこの文章ww)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2010

iPhone 3G と WZR-AGL300NH の相性

 おかげさまかどうかはよくわからないのですが、今年も年度末を迎えまして、順調にiPhone 3GSの販売価格が下落しております。
 1月2月はイマイチで、12月が底値だったなぁと思いつつ、3月に入ってからの状況を見ていると、関東ではキャッシュバックという形での値引きの条件が先週末からだいぶよくなってきました。

 あぁ、このチャンスを横目に見ながら、関東を離れるのはもったいないかな、と思いつつ関西方面に出張していたのですが、実はこのたびは関西のほうが条件がよく、向こうのイオンニューコムで32G MNP フォトビジョン付、19800円、waonポイント1万円でさくっと購入することができました。
 まぁ、加入時の家族割の条件が厳しいとか、いろいろあって、不満点もあるのですが、職場と同じ下4桁で気に入っている電話番号も無事に復活することができて、非常にありがたい限り。

 ただそうすると、我が家のiPhoneは3台になってしまいます。発売と同時に買った16G白と昨年の3月の投売り(これはMNPで1万2千円弱だった)の16G黒、そして今回の3GSの32G黒。
 もちろん、3台は不要です。家族でiPhoneは2台しか必要ありません。そこで、比較的状態のよい16G黒を売りに出そうと考えました。 同時に、これまで2.2.1のまま放置していた16G白を、この機会にバージョンアップすることにしました。
 なんで16G白をバージョンアップしなかったか、以前も書きましたがiPhoneOS3.0へのバージョンアップではかなり痛い目にあっています。3ヶ月USでiPhoneが使えず、その後も複数回AppleStoreで交換を余儀なくされるなど、かなり面倒な事態にあっています。もし、現在順調にWi-Fiが使えている16G白を最新OSにバージョンアップすることでトラブルが生じたら、と思うと、予備機のない状況でのアップデートはかなり抵抗があり今まで放置していたわけです。

 今回3GSを買って、一時的に予備機あるわけで、この機会に上げないともうチャンスを失う。ということで、昨日、16G白を3.1.3に上げてみました。結果は

 うん、大丈夫、ちゃんとWi-Fiを見つけるし、接続もしている。ちょっとつながるまでに時間がかかるのが気になるものの大丈夫かな、と思い、家人にちょっと使ってみてもらうと。いわく、接続がすぐ切れる、扇が出ているのにつながらない、そうなるとフライトモードにしてWi-Fiのオンオフをしないと復帰しない、とのクレームが。
 実は新しく買ってきた3GSでも、扇が出ているのにつながらなくなる状況は存在し、「ちょっとまずいかな」とは感じていたのですが案の定。

 こうなると疑うべきはアクセスポイント、我が家は昨年秋からWZR-AGL300NHを導入して、5GHzと2.4GHzを分けていたのを1台に1本化しておりました。これまで16G白も2.2.1の時には特に問題なく繋がっていたので、噂のiPhoneとバッファローのアクセスポイントの相性の悪さは我が家では無縁かと期待していたのですが、やっぱりOSのバージョンを上げてしまうとダメみたい。

 ということでWZR-AGL300NHのファームを1.5.3から1.5.4に上げてみました。実はこれで3GSの方は少し状態が改善したように感じたのですが、16G白についてはやっぱりだめ。こうなると暗号化の方式をWEPからWPA2に変えたり、あるいは16G黒での安定性を確認したり、という作業に進まざるを得なかったのですが。

 も~~、面倒くさい。やだ。

 というわけで、我が家でそのうちオーディオに繋ごうともう何年もクローゼットの中で眠っていたAirMacExpressを引っ張り出してきました。そしてとりあえず設定して、既存の環境に組み込みます。同時にWZR-AGL300NHは5GHzオンリーに設定変更。

 結果。3GSではもう完璧な接続状態。何よりWi-Fiを捕まえるのが早い。白16Gでも状態の改善は見られているようで、これから2,3日様子を見てもらうことにします。

 というわけで、いろいろ悩むより、アクセスポイントを変えたほうが話が早いという、まぁなんとも締まらないお話。でも、バッファローの無線LANはかなりシェアがあるはずで、これって問題にはならないのですかねぇ。

 と思いつつ、同時にこれによってノートパソコンでの接続の不安定さ(特にintelの無線LANクライアントとの間での接続の安定性が悪い)も改善するのなら、あまり深く考えず、今後も5GHzと2.4GHzは分けていくほうがいいのかな、と思ったりもしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2010

N-06Aというガラパゴス携帯

 昨日ヨドバシカメラにちょっと寄って、H31IAの契約方法についていろいろ聞いてみました。

 とりあえず、期待した、ケータイデータセット割はダメとのこと。現在私はイーモバの回線をデータプランで持っているので、ケータイプランでH31IAを追加で購入すればケータイデータセット割で0円から回線維持できるのではないかと期待していたのですが、データプランが携帯(私の場合イーモンスターで最初契約している)なので、適応できないとのこと。
 そうすると、現在キャンペーン中のケータイ定額プランで回線を増やし、0円で2年間維持するか、それとも真っ当に買い増しをして新にねんなりの新しい縛りを受け入れるか、という選択肢になりました。

 いずれにするかはまだ決断していないものの、もう購入は既定路線。来週までには契約する予定。

 そうなると、普段持ち歩きの携帯からワンセグが消えることになります。今はH11Tを持ち歩いているので、いざとなればワンセグは視聴可能。
 もちろん、地上波テレビは嫌いな私としては、全然外出先のテレビは必要ないのですが、時々のスポーツ中継や、災害時に一応テレビを見れる環境がないと若干の不安があるの確か。

 まぁ、今はオレンジプランで無料通話用に一応持ち歩いているソフトバンクのガラケー(シャア専用携帯か805SC)があるので、一応、大丈夫ですが、こちらはそろそろスパボの特割がなくなるので引退予定。

 そうすると15年近くおつきあいしているドコモの電話にワンセグが欲しくなってきます。

 ドコモは現在NM705iとPRADAフォンの併用。前者は伝言メモがなく、後者はBluetoothとGSMがありません。結局、どちらも満足できない状況。
 期待の星はSC01Bだったのですが、こちらも伝言メモなし、ということで(サムスンらしくないなぁ)一気に購入候補からは遠ざかってしまいました。

 そして、結論。日本人だから1台くらいまともなガラケーを持とう。

 もう、伝言メモもiModeもおサイフも高画素デジカメもワンセグも、とにかく入っている、包装紙だけ別物のガラケーを買って、そんでもって基本的に通話しか使わない、というよくある「街のオヤジ」に成り下がろう、と決意した訳です。

 しかし、そう自分を偽っても、ドコモのラインナップはあくまでも私の心を逆撫でしてくれます。

 折りたたみだけで、どこのメーカーの機種かさっぱりわからず、一瞬質感が高そうに見えても実は安っぽく、スペックでは薄さを強調していても、実際にもって見るとうすらでかくて。ホント、購入意欲をかき立てられるような機種がまったくない状況。

 しかも1円、いや5千円程度で機種変更できるのならまだしも、そういった欲しくもない端末が、買い増しだと4万円5万円という値札がついている。あぁ、私はドコモからお客さんとして看做されていないんだなぁ、ということを実感させられる中で。

 2ちゃんの買い増しスレなどを眺めていると、出てきたのが表題のN-06A。オンラインショップで安売りしていて1万5千円なり。安売りでも1万5千円ですから、釈然としませんが、それでも他よりはずっと安い。しかも全部入り。
 それどころか、全部以外の要素も入っていました。Wi-FIに対応している。

 うすらでかくて、もっさりしている、という評判ですが、Wi-Fiに対応しているということであれば、話は別かもしれません。だって、言い訳ができるじゃないですか。欲しくもない携帯を買うための口実が。これで自分をごまかせるかもしれない。自宅のWi-Fiでフルブラウザも見れるし、128K通信なら6000円覚悟すればWi-Fiのアクセスポイントにもなる。だから1万5千円は欲しくもないガラケー代なのではなく、通信機会を増やすための、投資なのだと。

 もちろん、家でケータイのフルブラウザを使う機会などないでしょうw PCもあればiPhoneもあれば、きっとiPadだってやってきます。外でドコモの回線を使って通信することもないでしょう。イーモバのエリアは十分に広く、たとえエリア外に行ったとしても、ほんの数日、あるいは数時間のこと。そのために6000円の追加費用を払うほど、私はお大尽ではありません。

 そう、絶対使いはしないのです。でも、言い訳にはなる。ガラケー嫌いな人が自分をごまかすためには、この点はとても重要です。それこそが、N-06Aの魅力?かもしれません。

 もっとも、相当売れなかったんでしょうね。この機種。オンラインショップで投げ売りされるくらいですから。そう考えると、とてもかわいそうな機種のようにも思えます。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2010

ついていななぁ、と思うとき人はどうする

 ついてないなぁ、と思うとき、人はどうするべきなんでしょうね。

 この1ヶ月くらい、そういう状況が続いていてストレスがたまりまくっています。

 まぁ、余計なことをした、とか、直感的に判断した、とか、判断が遅れたとか、いろいろ理由はあるのですがどれも悪い目に出ている今日この頃。

 何でもそうで、悲しくなってきています。

 どっちかというと、判断は当たることが多い(ばくちは当たらない)のですが、その感覚がどうも鈍っているというか、裏目に出ているというか。

 ちなみに、昨日はAS3810を買い損ねました。理由は単純で、ドライブ付で茶色の上位機種(Acerは型番複雑なので覚えていない)が気になったから。結局、あぁ、失敗だったと悩んでいます。
 今日は、予約をわざわざキャンセルして、おかげで下手すると高い値段で再予約しなければなりません。

 その前も、と言い出せばきりがなくなる。。。

 何でもローコスト、必要なものは最低限のコストで、望むべく最良のクオリティを調達できていたはずがこの体たらく。誰かのせいにして八つ当たりしたい気分です。(大人気ない。。。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2010

H31IA というBluetoothモデム

 イーモバイルから、地味な地味な携帯電話、H31IAという機種が発売されました。
 そんなに海外の携帯電話メーカーに詳しくない私には、そもそもどこの会社かも知らなかったレベル。Inventec Allianceって言われても??? だったわけで、普通にスルーしそうだったのですが。
 ふと気になることがあって、ニュース記事をちゃんと読んでみました。そして2つの点に気づきました。ひとつは、下り7.2M、上り1.4MのHSUPAに対応している点。ふたつめは、Bluetooth2.1+EDRに対応している点。

 これはつまり、この機種が最強のBluetoothモデムになれる可能性を示唆しています。

 これまでイーモバを使う上で最強のBluetoothモデムはH11Tでした。私は予備機も含めて2台持ってます(これもどうかなと思いますが)。スマートフォンをBTモデムにするのに比べ、ネイティブでBT-DUNが使え(WM6以降はBT-BANになっちゃって、BT-DUN使うのは若干面倒だったのはS11HTで経験済み)るのは非常に便利。しかもH11Tの場合、ワンセグもついているので非常用のテレビにもなり、フルブラウザ付の緊急通信端末にもなります。そういう意味で、鞄の底に沈めておくのにこんなに便利な端末はありませんでした。
 しかし、難点が3.6M対応と、BTが1.1なこと。特にBTの速度は明らかにボトルネックで、まぁ、モバイル環境であれば数100kのスループットが出ればそんなに困らないのですが、やっぱりちょっと「せっかくのスピードがもったいないなぁ」と思うことはしばしばでした。

 そこに出てきたのがH31IAです。見るからにプラスチッキーな外装やつくりの安っぽさは写真だけでも想像がつくのですが、何よりBTがバージョンアップし、それなりのスループットが期待できる点とHSUPA対応で上りの速度が向上することは、結構外出先で重い添付ファイルを送る機会の多い私には朗報。
 残念なことにワンセグはありませんし、アプリにも対応しませんが、まぁ、これは他でカバーできなくもない。iPhoneユーザーの私が携帯のアプリを使うケースは年に1度あるかないかですし、ワンセグも非常用で、最後にH11HTのワンセグの恩恵を受けたのは昨年のWBCですw。これも、どうしても必要ならイマイチ気に入った機種が絞りきれていないドコモの回線をワンセグ付ガラケーに機種変すれば簡単に解決します。

 しかもしかも、先日イーモバイルに問い合わせを入れたところ、H31IAもこれまでのイーモバの携帯電話同様、動作の保証はしないものの、SIMフリーだそうで。これなら、海外に行くときに(それこそAT&TのGo PhoneのSIMを使って)現地電話として活用ができます。ちゃんとネットの設定ができれば、海外でフルブラウザでネットもできるかもしれない。

 てなわけで、個人的にはかなりこの機種に期待しています。日本に帰国後、とりあえず即効で契約するかなぁ。ケータイ定額でキャンペーンを使えば、イニシャルのコストだけで買えるなぁ、オジサンだから、やっぱり色は茶色からなぁ、とそれなりに夢を広げている今日この頃です。

 多分、イーモバのH31IAで、夢が広がってしまう人は、日本に3人くらいしかいないでしょう。地味な端末だけにwww

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »