« January 2010 | Main | March 2010 »

February 23, 2010

LCの法則

 昔々、どこかの日記サイトで書いたことがあります>LCの法則

 今の若い人々には、もしその人がかなりのギークであったとしてもわからないでしょう。LCの法則。
 でも、私的にはかなり思い入れがあって、共感して欲しいなぁ、と思う法則です。

 LCというのはいわずと知れたMacintosh LC。そう、セパレート型Macの廉価機種。LC IIIあたりだと、かなりプロセッサパワーもあって、バランスのよい機種でした。
 いわゆるLCの法則は廉価版こととです。以前も書きましたが、EOSならKISSの法則。

 PCが好き、携帯が好き、いわゆるガジェットが好き。そういう人は往々にして、最高のスペック、最強のマシンを追い求めてしまいます。そりゃそうです、細かな差異を見出し、そこに価値を見出すからこそ、ギークだし、マニアだし、好きモノな訳です。
 私もそういう人でした。というか、それがあたりまえだと思っていました。でも、いつの頃からかなぁ、多分、大学のコンピュータ教室の、その中のMac部屋に、初代LCと12inchのモノクロモニタがセットで何台が置いてあったのを見たあたりからでしょうか。その美しさ、フォルムのシンプルさと、さりげなさに、結構感動したんですよね。それこそ、自分の姿と対比して。昔をご存知の方なら、ぜひコメントをください。私は当時、(当然中古で捨て値になったから買ったのですが)PC-98XL^2を持っていたんです。中学?高校?時代からの憧れの100万円ハイレゾ98を時代遅れになってから無理やり安値で買い叩いて満足する行為に比べて、MacLCを道具としてさりげなく買うことの、なんと美しいことか。
 以来、私の廉価版に対する妙な執着が始まります。もちろん、実際にメインに据えるのは、ベストな選択肢だったりするのですが、必ずサブに、さりげなさを求める。そうすることが理性的で、かつ、(死語ですが)お洒落なわけです。

 多分、こういう感覚そのものがバブリーというか、自意識過剰というか、モノとか購買行動で自分を規定したり、表現したりするという、まぁ、それこそ、80年代的感覚なんだろうなぁ、と自問自答するわけですが。でも、そういう束縛からはアラフォーになっても抜けられないんですね。いつまでも20歳の気分のまま生きてしまっている。そういう自分を、最近ではちょっと擁護できなくなってきました。微妙に恐ろしいことです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SAMSUNG A177 (AT&T Go Phone) を買ってみる

 で、微妙に後悔しています。

 後悔の始まりは、TARGET(そう、今日本にいないの)で売っていたLGのNEON。なんと79.9ドルで買えてTARGETのギフトカードが10ドル分もらえて、AirTimeが50ドルもらえるという。なんともすばらしいキャンペーン。 これを見かけたときに買わなかったのが運のつき。いろいろ悩んでいる間に、売切れてしまいました。

 そもそもすぐに決断できなかった理由は、日本語も使えないWi-Fiも使えない端末を買う必要があるかどうかって話(だったら、一番チープなのでいいだろう)と、AirTimeがバンドルされているSIMは、端末と紐付けされてしまって、他の端末(たとえば日本からSIMフリーの端末を持ってきたとしても)では使えない、という話があったから。
 とりあえず10ドルくらいのAirTimeがあれば今回の渡米では十分なんだけど、でも、ぴったり来る端末がなくて。前回のT-MobileのNOKIA 1661は電話番号がなくなっちゃってるから、SIM買うところからスタートだし。

 てな訳でウダウダ悩み、だったら、AT&TでAirTimeのない携帯とSIMを(割高だけど)買って、今回は普通に電話として使い、次回の渡米時には日本からSIMフリー端末とともにSIMを持ってきて、2ちゃん三昧かなと、冷静になって、いざAT&Tに買いに行き、SIMカードのバージョンに注文をつけ、せっかくだからと、買えなかったLGのNEONと一緒に買おうとしたら、システムが落ちてるから売れない、という釣れないお言葉。

 寝ちまった息子抱っこしているし、もう携帯でウダウダするのは嫌だったので直前にRadio ShackでA177が、30ドルのAirTime付で69.9ドルで売っていたのを確認したのでそっちにしてしまいました。

 もう、なんという不経済。なんという、駄目な買い物。

 そもそもA177はいわゆるQWERTY付ストレート端末で、X02HTを使っていた私としては好みの端末だけど、中身がいわゆるスマートフォンとはかけ離れた、アメリカ的ガラケーで、一度は候補から完全に外していたんですが、人間疲れてしまうとそういうことはどうでもよくなるんですね。

 で、買って、その場でアクティベートしてもらうと、何ドルAirTime追加する?と聞いてくる。オマケの30ドルでいいって(たぶん店長クラスの)店員にさっき言ったじゃないかと言えば、アクティベートするのに最低15ドル追加する必要があるとのたまう。一瞬でも早くその場を離れたかった私は、はいはい最低限入れておいてと返事をして、完全不機嫌モード。微妙に欲しくなかった端末を、いらないAirTimeとともに買わされたので、完全意気消沈。しかも、どうせAirTimeの追加が必要なら25ドルにしておいて、番号を3ヶ月有効にしておけばよかったというのも後から気づいて、さらにダウナー。(最初の店員の話だとAirTime追加しないと30日しか番号もたないぞと言われていた。15ドル追加しても番号は30日しかもたず、25ドル追加しないと90日番号は有効にならない)

 どうも今回はこういうことが多い(レンタカーも、最初選んだのをやめて、別のに変えてみたら、乗り心地は古いアメ車だわ、窓は手で開けるは、集中ロックはないわの最低仕様。気づいて変えようとしたら、最初選んだのは他の人に取られた後)ので、「また、ダメだよ」と悲しくなりながらコンドに帰ってきたのでした。

Rimg0066_5


 というわけで、最悪の出会いながら、SAMSUNGのA177としばらくお付き合いします。以前も書きましたが、基本的に私はサムスン携帯が好きです。ソフトバンクの707SCII、708SC、709SC、805SC、920SC、全部持ってました。(つまりサムスンらしさがあった頃のは全部持ってる) ドコモから出るSC-01Bのブロガーイベントにも行きましたよ。(機能的に期待はずれだったけど) なので、若干、これから印象がよくなる気がしています。とりあえず確認したら、番号はなぜか3ヶ月有効だったし(オマケのAirTimeのせいかな)、先人のおかげで、ちゃんと、AT&TのWebサイトでアカウントも作れたし、何より100Mのデータ通信、19.9ドルのオプションも、余計なAirTimeのおかげで躊躇なくつけられたし。これから2週間、心置きなく、USの携帯サイトの世界を覗いてみようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2010

右に振れたり、左に振れたり

といっても、政治の話ではありません。そんな危険な話をこんなところですべきではないのです。ははは(乾いた笑い)

どうも、周期的に、物欲が亢進するときと、とにかく身の回りからいわゆる「ブツ」を減らしたくなる時が現れます。どうもこの1月あたりから、後者、つまりモノが減るとうれしい、という状況に移行しつつあります。

なので、iPadのニュースを聞き、リビングでの使用に向いていると感じると、MacBookを売りたくて仕方なくなります。同時に、ドックに刺している間はどうもフォトフレームっぽく動くというような噂を聞くと、今、リビングにあるコダックの10インチのフォトフレームを売りたくなります。

そして、そうした行動に出たい自分が、とてもいとおしく、とても理性的にも感じます。

しかし11月12月の自分はそんな状態にはなく、何台PCを買ったことやら。もう、ダメ人間の典型です。

その割にiPhone 3GSを12月に買わずに今になって後悔している(だって32Gの一括が298だったんですよ)のですが。

ともあれ、こういう物欲の波、右に振れたり左に振れたりする私の性格は、いいことなんでしょうか、悪いことなんでしょうか。

多分、買いっぱなしの生活よりはよっぽどいいと思います。モノが溢れていることは決して幸せではありません。モノを溜め込むことのむなしさ、結構いろんな場面で感じてきましたから。
でも、新しいテクノロジーやデバイスに心を動かされても、決して手に入れないストイックな生活も、やはり幸せではないようにも思います。手に入れて、喜びを感じて、ってプロセスは、そうした消費でなければ幸せを感じられない人間のつまらなさを感じさせるわけですが、だからといってきっぱりと決別できるようなモノでもありません。

そういう意味では、この、右に振れたり、左に振れたり、という性格は、とてもありがたいものかもしれません。だって、どっちも楽しめるわけですから。

そんな訳で、今夜も過ぎていきます。次は何を売ろうかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »