« Mac mini と iMacのコストパフォーマンス | Main | ヨドバシ2010お年玉箱予想 »

December 05, 2009

今年買ったノートパソコン


今残っている物
vaio TypeP、mbook、Inspiron Mini9 16GSSD、DynaBookSSRX2、COMPAQ CQ60-420US、Fujitsu LOOX M、MacBook Late2008、工人舎SX3白

手放して後悔している物
Inspiron Mini9 64GSSD model

手放そうかと悩んでるもの
mbook、COMPAQ CQ60-420US、Fujitsu LOOX M、MacBook Late2008、工人舎SX3白

とりあえず価格チェックをしながら悩んでるもの
HP G71-420US、HP DV7

結論
RunCoreの64GSSDを積んだInspironMini9を手放したのは明らかに失敗。これは名機。WSVGAはハンデではあるものの、このフットプリント、atomNにも関わらずファンレス、そこに高速SSDの組み合わせは、今となっては手に入れられない貴重品。情弱だった自分が恨めしい。
HP G71-420USは何度か買い時を逃している。ものの、そんなに悲しくない。CQ60に比べ筐体のカラーリングが若干変更になっている。これが実はPCの佇まいに大きな影響を与えてる。最強の円高のときに最強の値下げがあったんだけど、それを30分違いで逃した自分に言い訳ができるのは、筐体のカラーリング変更のおかげ。
工人舎SX3は悩みの種。現時点で、我が家に存在はするんだけど、これほど買う前と、買ってからの評価が分かれる機種は珍しい。どう考えてもスペックは面白すぎる。8.9インチなのにWXGA、タッチパネル、ポートはフルについていて、なぜかワンセグまで。でも、いざ入手すると(特にXPモデルは)タブレット機能の弱さ、抵抗膜方式のチープさ、仕上げの悪さ、妙なところで自作PCのような癖、そして、なによりも閉じた状態(あるいはピュアタブ状態)でのバッテリのはみだしの醜さ。
でも、オンリーワンの機種であることは間違いなし。8.9インチのWXGAタブレットはLOOX Pシリーズ亡き後、もう入手は困難と思われ。新品で手に入るのはこれが最後のチャンス。
LOOX Mも実は困ったマシン。別に特徴のないネットブックながら、富士通にしてはまともなデザイン。辞書搭載でなんか便利そう。何より所謂特徴のないネットブックというさり気なさ。微妙に手放すには惜しいマシン。
こんなことばかり考えていると、私の人生はなんてツマラナイんだろうと、悲しくならざるを得ない今日この頃今しがた。

|

« Mac mini と iMacのコストパフォーマンス | Main | ヨドバシ2010お年玉箱予想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/46945182

Listed below are links to weblogs that reference 今年買ったノートパソコン:

« Mac mini と iMacのコストパフォーマンス | Main | ヨドバシ2010お年玉箱予想 »