« iPhone3Gの3.0化とWi-Fiトラブル | Main | Studio1537とSSDN-S128Bその後 »

July 20, 2009

ドコモとノキアとアメリカ

Rimg0417


 出発の前々日でしょうか。日本からアメリカに発つ。

 私のケータイはドコモとiPhoneの2台体制で、しばらくはhtcのp3600というWMのシムフリー端末をドコモでは使っていたのですが、やっぱりガラケーの方が便利ということで、でも普通のガラケーは嫌(というか耐えられない)ということで、最近安くなっていたPRADAフォン、つまりはLGの端末を使っていたのでした。

 で、まさかと思うけど、ベイエリアに行った際にローミングができないなんて事態がないようにと思って検索してみると。。。。PRADAフォン使えないじゃん。。。。
 もちろん、ローミングでがんがんドコモを使うつもりはさらさらないものの、緊急連絡先はドコモの番号で、ということでこれまで周りには伝えてきたもので、現地に行ってローミング不可ということになると洒落にはなりません。ついでに、家人が持って行く予定だったF904iを調べてみるとこれも不可。
 理由は簡単でGSMが使えないとローミングできないんですね。私は単純なのでアメリカでも3Gのネットワークを掴んでくれるんだと思っていました。無知は悲しい。

 そこで出番が来たのが、NM705i。そう、本体留守電がないというだけでメイン機種から外されていたここ数年のドコモの携帯の中では最もマトモな電話。海外ローミングの非常時にという思いがあってオクで処分したりしていなかったのですが、出国前々日にそれが功を奏するとは。

 というわけで、無事、アメリカでも日本の番号を受信できています。強烈に高いのでかけてほしくないけどww。

 ただ、こっちにそれなりの長さで滞在するとなるとこっちの携帯も必要と言うことで、プリペイドの携帯を仕入れました。それが、このNokia 1661。あまり深く考えることなく、現地のT-Mobileのお店で、一番安いのはどれ?ってことで購入しました。19ドル99セントなり。これに25ドルチャージして、電話を使う頻度の少ない私の場合はたぶん3ヶ月は保つでしょう、ということで。サムスンもあったけど、値段が高かった。

 このNOKIA 1661、もうそりゃ20ドルの携帯だけあって、チープ以外の何者でもありません。おもちゃみたいなプラスティックの外装、押しにくいボタン、いつの時代の画面というような液晶。もちろん、BTもなければカメラすらありません。ただ単に電話とSMSが使えるのみ。一番面食らったのが、カーソルキーの真ん中が決定ボタンになってなくて、左側ソフトキーに決定ボタンが割り当てられること。何度操作を間違ったことかww。

 でも、単位の換算表が簡単に呼び出せたり、小さな懐中電灯機能がついていたり、こちらで使うにはとても使い勝手はよい。同じNOKIAだけあってNM705iと充電器が共用できるのもありがたい限りです。何となく、NOKIAの良さを再確認モード。

 というわけで、帰国後は(いまいち使いやすいともカッコいいとも思えていない)PRADAフォンをやめて、ドコモ回線向けにはNM705iを復活させようかなと考えていたりします。

|

« iPhone3Gの3.0化とWi-Fiトラブル | Main | Studio1537とSSDN-S128Bその後 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/45685664

Listed below are links to weblogs that reference ドコモとノキアとアメリカ:

» 「ノキア」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「ノキア」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「ノキア」に興味があれば是非ご覧ください! [Read More]

Tracked on July 23, 2009 at 05:17 PM

« iPhone3Gの3.0化とWi-Fiトラブル | Main | Studio1537とSSDN-S128Bその後 »