« August 2008 | Main | October 2008 »

September 09, 2008

Inspiron Miniのキーボードは悪くない

 えぇっと、百聞は一見にしかず、でありまして、昨日ビックカメラにInspiron Miniを触りに行ってきました。

 量販店の展示のご多分に漏れず、バッテリを外した状態での展示なので重さ等ははっきりとしないのですが、感じはEeePCと似た感じの重さ。
 レビュー等では絶賛されるデザインと質感ですが、まぁ、それほど大げさなものではなく、悪くはない、という程度。特に質感については前評判がよかったので相当期待していたのですが見事に裏切られました。まぁ、最近のInspironの質感レベルということで、決してXPSやStudioレベルを期待してはいけません。

 キーボードは変態配置そのものは気にならないのですが、やはり問題はエンターキーのサイズでしょうか。これも、普段英字キーボードを使っている人なら慣れられるレベルだと思います。打鍵に神経を使う必要がありますが。
 変態配置の困るのはどちらかというと、句読点で、これについては、今使っているLOOX P70なんかのキーボードとは雲泥の差があります。
 タッチもお世辞にもいいとはいえません。ただ、安物のハンドヘルドPCみたいなキータッチのEeePCに比べるとマシで、好感がもてます。
 タッチパッドも、他のDELL PCと同じような感覚で、ザラつきも最低限。EeePCよりは目的の場所にマウスカーソルを持っていきやすい感じです。
 筐体のデザインゆえ、あまりコンパクトさは感じませんが、これでファンレスPCなわけですから、多少高くても、十分購入したくなる雰囲気でした。
 色はやっぱり白でしょうか。雰囲気的に黒の方が道具感が強くていいかな、と思っていましたが実物を見ると質感がたいしたことない分、黒である必然性が少なくなっている感じ。指紋も目立たないし、明るい白の方がよいかもしれません。

 ねらい目は当然最上位モデルでしょうね。ドライブは16G欲しいですし、bluetoothも必須。そうするとムダにBTOするよりは、最上位モデルでいいかな、と。

 さぁ、どこで買いましょう? ネットの口コミやレビューでは、DELLならではのサプライズな価格に期待があるようです。ただ、ここ最近のDELLはこのくらい(5,6万円)の個人向けPCでたいしたクーポンは出していませんし、値引きがショボくなったのはDELLウォッチを続けていれば分かること。みなさん数年前のイメージなんでしょうね。

 ということで、私は量販店購入を選択する予定です。なので下に自分で踏む様のアフィリエイトリンクを貼っておきます。踏んでやろうという方は踏んでくださいww。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2008

Inspiron Mini 9 欲しい。赤はまだか。

 こないだ、EeePCを買いました。

 にも関わらず、DellからInspiron Mini 9が出ました。

 話が違うだろ。

 というか、話はあってるんです。夏に発売になるってことでしたから、あってるんです。それに最近のDellの様子を見ていると、おそらく高いだろうというところも予想通りです。

 話が違うのは、ファンレスだということ。

 聞いてませんし、噂にもなかったです。そんな素敵な話。

 ずるすぎるぅぅぅ。

 前のブログにも書いているのですが、いまいちEeePCが好きになれないのは、ファンの動作と、タッチパッドの感覚。タッチパッドは慣れつつありますし、ファンもしょっちゅ回るわけではないので、別に実用に困らないといえば困りません。
 とは言うもののこの手のベッドサイドPCがファンレスであるかどうかというのはかなり重要なポイントです。

 どうしましょう?

 事前のリンクでは赤があったのに、白と黒しか用意されていないとか、ファンクションキーがないのは結構不便だし、ファンクションキーをつけるスペースもあったんじゃないかとか、いろいろ文句もあるのですが、ファンがないのは七難隠す、とも昔から言いますし、正直ゆれております。普段、自宅ノートにXPS M1330を使っていて、このタッチパッドにあまり不満がない(というか結構好感)というところも、Inspiron Mini 9に惹かれる理由だったりします。せっかくEeePC買ったのにぃぃぃ。

 後はどこで買うかですねぇ。とりあえずDellの直販が基本ではありますが。(以下リンク) 量販店でも扱うみたいなんですよねぇ。

【個人のお客様向け】デル・オンライン広告限定ページ(ノートブック)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2008

タムロン AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC 買う?

 7月の終わりに、タムロンから高倍率ズーム、AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VCの開発が発表されました。

 いわゆるお手軽高倍率ズームで、世間のカメラおじさんたちにはあまり興味のないレンズかもしれませんが、あればあったでそれなりに便利なレンズです。
 特に、私の場合、なぜか廉価版、初心者向け、といった機材にはなぜかこだわりがあって、常にマニアックではなく、そんな機能小、サイズ小、値段も小みたいなものを使うことに結構喜びを見出したりします。

 カメラも同様で、10Dやら30Dやら、なぜか最近では40Dやら(をいをい)を持っていたとしても、やっぱり一台はKissが欲しい、それもお手軽高倍率ズームをつけっぱなしにして「レンズ交換?何それ?」みたいな顔して使いたい、という思いはなぜかしっかりとあったりします。(それだけに、高倍率ズームをつけたKissを見て「すごいカメラですねぇ」と言われると困ってしまったりします。ただ、30Dとかに70-200L 2.8 ISとかをつけてるときの方がそういうことは言われません。そこまで行くと怪しげに感じられて声をかけにくいんでしょうかww)

 で、現在、我が家にはこだわりのキスデジ Xがあって(いつの間にか)、しかもシルバーで、タムロンの18-200をつけっぱなしにして防湿庫に入れてあります。珍しく意図どおり、ちょっとしたお出かけには重宝をしているわけです。

 写りもそんなに絶望的に悪いわけではありません。タムロンの28-300(A061)も持っていますがあれよりはしっかりしています。まぁ、200までと300までを比べては可哀想ですが。十分明るい環境できちんと絞れば時々「これどのレンズつけて撮ったっけ?」っていう写真が撮れることはあるわけです。

 ただ、一つ大きな不満がありまして、それが望遠で撮ったときの手ぶれ。もう人間がダメになっていて普段手ブレ補正レンズを使い慣れていると、つい、脇をしめて、しっかりホールドして撮る、という基本ができなくなってきます。いけないこととは分かっていても、人間は怠惰なのです。家に帰って、PCで見てみて、被写体ブレするほどのシャッタースピードじゃないのに、なんでこんな解像しないの、と思うときは、レンズの能力ではなく手ブレしているケースの方が多いのです。

 というわけでお手軽ズームにも手ブレ補正が欲しかったので、定期的にシグマの18-200のOSをオークションでウォッチしていたりしたのですが。

 もっと長いのが出るじゃん。

 タムロンの高倍率ズームは最近評判がよくて、VC付の28-300や18-250なんかは、旧モデルより総じて評判がよいようです。となると、このAF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VCも結構期待できそう。

 さてお値段はというと、希望が84,000円で、量販店では698のポイント10%の横並び。キタムラもそれに揃えているのか、ネット会員価格は62,800円でした。金額的には悪くないライン。もう少し高く出てくるかと思っていましたが、結構標準的な価格帯で出てきました。
 これで、6万円を切るくらいの価格になってくれれば、買ってしまってもいいかなぁ、と思っています(その代わり現有の18-200と28-300は処分)。もし5万5千円を切れば即決ですね。どこかにないですかね? 54,800とかで。アフィ踏みますんで誰か教えてくださいww。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »