« ついに発売が決まったらしい>HP2133 | Main | 工人舎 SCシリーズに萌える »

June 25, 2008

アドエスにbluetoothを無改造で内蔵する

 えぇっと、先日、willcom03のタッチアンドトライ?キャンペーンに行ってきました。というよりも店頭でやっていたので、ちょっとだけ足を止めて触ってみました。
 結果。。。。これはダメだ。
 人によって感想はさまざまだと思いますが、あのテンキーは私にはちょっと厳しいです。少なくとも6万円もの大枚をはたいて買うほどの物欲は残念ながら感じられませんでした。まぁ、今でもwillcomがメインマシンなら別だったのでしょうが、いまは解約してしまってますからね。イーモバ回線に繋ぐためのクライアント端末としてだけ使うにはちょっともったいない。

 そうすると、今のアドエスをどう活かすか?という話になってきます。ちなみに、w-simはもう不要です。とにかく、BTでDUN-DTが使えればいいわけです。で、いろいろと4月から試行錯誤して環境を作ってきました。
 が、どうしても許せない。どうしても、アダプタとドングルが許せない。

 willcom03の購入を検討した最大の理由は、BTを内蔵したアドエスであるということ。やはりWVGAとフルキーの配置の妥当さでは他の(HTCやその他)WM機種に比べるとアドエスのアドバンテージはかなり大きい。

 willcom03は買うほどではない、でもアドエスのアダプタとドングルは許せない、こうなると結論はひとつ。アドエスにbluetoothドングルを内蔵してしまう(改造してしまう)。

 とは言うものの、そうういサービスをやっているお店はありません。やるなら自分でやらなければなりません。そこで、参考サイトを見つけてみました。
 えぇ、実にすばらしい。とはいうものの、ドングルのバラシと、何よりもアドエスのUSBポートに配線を半田付けしなければなりません。正直、半田付けなどほとんど経験はありません。もっと大きい配線ならともかく。

 でもって、とりあえずばらしてみました。現物を見て、自分でできそうかどうか。

 結論。多分、無理。

 ということで、方針を変更することにしました。本体に半田付けする必要のない方法を見つける。それにどうせならBTドングルをばらさない方法を考える。(ドングルをバラスと電波法的にまずいのではないか、という懸念)

 ここに至るには、2ch上でアドエスに半田付けせずにBTを内蔵することできる、という書き込みを見つけたから、なんですが。(実際にはその方法はわからずじまい)

 で、やったのが、これです。

Ades01_2

 製作途中に写真を撮っていなかったのでわかりにくいのですが、とりあえず用意したものは、フルサイズのUSBのメスのソケットと、miniBの5pinのオスのコネクタ、それとエナメル線です。
 ドングルをばらさないで済ませる方法は、見てのとおり。単にソケットを経由して接続しただけです。問題は、アドエスのUSBポートにどうやってそれを接続するかですが、直接USBポートの内側の配線にエナメル線を半田付けするのではなく、一度、正規の方向からコネクタを刺し、それを上側に折り曲げてラインを筐体の内側に戻す、という手を使っています。

Ades02_2

 具体的には、miniBのオスのコネクタをばらし、周りの金属部分を取り外します。両端に端子と、ラインへの接続部分がある長い長方形のパーツだけにするわけです。これを適当な位置で半分に折り曲げ、ラインへの接続部分をポートの上方から筐体内側に引き込みます。もちろん、折り曲げる部分はカッター等でプラの肉厚を薄くしておきます。
 後は、そのパーツに線を半田付けするだけ。これなら素人でもギリギリブリッジせずに済みます。(汚いハンダ付けが恥ずかしいのですが)
 ちなみに、中身のパーツだけをコネクタに刺すとゆるゆるですので、周りの金属部分を適当なサイズに切って一緒に押し込んであります。
 それとUSBホストとして認識させるため、4pinと5pinをショートさせています。

Ades04_2

 ドングルをつけるソケットのほうは、単に基盤用のソケットの周りの金属部分を少し曲げたり、プラ部分を削ったりして、サイズを縮めただけです。他は何もしていません。適当な位置に両面テープで貼り付けてあります。

Ades03_2

 後は、元のとおり組み立てるだけ。ドングルは結構キレイに、USBコネクタのほうも若干のでっぱり程度で収まっています。残念ながら、USBのコネクタカバーはつきませんが。また、ドングルが当たる分やUSBポート上側の若干のプラスチックは削ってあります(さすがに完全無改造というわけにはいきませんでした)。

Ades05_2
Ades07

 後は、実際に動くかどうか、です。H11TとペアリングをしてBTによるダイアルアップをしてみました。とりえあえずは動いているようです。

Ades08

 もちろん、この方法は万人向きではありません。アドエスを分解していますから保証は利かないでしょうし、W-SIMは刺さりませんから、willcom契約を続けている人には意味はありません。また、この状態できちんと使い続けられるかの検証はこれからですし、USBポートをほかの用途に使いたい人には、これまた意味はありません。

 ただ、私のように、アドエスをBT-DTの専用端末として使いたいが、BTドングルの外付けには我慢ならないという人も一定程度いると思います。汚い工作ですが、もしこれを見て多少のヒントを得られる人が一人でもいれば、ということで公開します。ご感想等あれば、いただけると幸いです。

 作業に当たり、以下の3つの記事を参考にしました。ありがとうございました。

[W-ZERO3]Advanced/W-ZERO3[es]を分解して保証を切っちゃいました(w
アドエスにBTドングル内蔵成功!!
■[mobile]Zero3esにBluetoothを内蔵する 完成

|

« ついに発売が決まったらしい>HP2133 | Main | 工人舎 SCシリーズに萌える »

Comments

貴重な経験でしたでしょうね。僕のアドエスも改造してみようかな?って思いました。

Posted by: stingraze | August 01, 2008 at 06:16 PM

自分は、内蔵メモリ256MB+16GBのアドエスを作ろうと思います。

ヒント、頂きました。

Posted by: 来都 | December 06, 2009 at 02:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33212/41649122

Listed below are links to weblogs that reference アドエスにbluetoothを無改造で内蔵する:

« ついに発売が決まったらしい>HP2133 | Main | 工人舎 SCシリーズに萌える »